検索結果 | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


検索結果

投稿されたアイデアをダウンロードしたい方はこちら

防ハラスメントカメラがあれば良いと思う

ITkaizennさん

防犯カメラは浸透している。しかし、職場のパワハラセクハラ防止用の防犯カメラがあっても良いのではないか。ハラスメントに厳しい昨今、ハラスメントは加害者の上司に見えないタイミングで隠れて行われている。 しかし、ハラスメントは今や犯罪なのだ。 ハラスメント用防犯カメラには... » 詳しく

  • 2ポイント
  • 4
  • 4コメント

【積極的にコメントお願いします】公務員の会議録作成の省略化

マイナンバーにやたら詳しい人さん

公務員の会議録は、通常 ①会議の録音 ②録音を聞いて担当者が文字起こし ③語尾や話し言葉を整える ④各発言者へ内容の確認(文書やメール)の流れで作成されます。 提案したい点は以下2点です。 1.会議録は音声認識アプリ等で作成することを原則とする。 上記のとおり会議録... » 詳しく

  • 8ポイント
  • 10
  • 11コメント

人工知能(AI)開発の倫理規定を厳格にする

UNZEN.JPさん

目覚ましい科学技術の発展により、以前は空想科学小説の世界でしかなかった想像の産物が、現実に顔を出してきています。AI、人工知能もその一つですが、これが今後どのような姿に成長するのか、してしまうのか多くの人が不安に思っているのではないでしょうか。 コントロールできない機... » 詳しく

  • 1ポイント
  • 5
  • 8コメント

デジアナ対決

UNZEN.JPさん

デジタルとアナログはどちらが強い(?)のか。これはもう対戦して決着させるよりありません。 思いつきなのでまだ具体的な案はないのですが、たとえば電算とソロバンとの対決。レーサーと自動運転の対決。人間対ロボットのプロレス。印鑑とデジタル認証の照合精度対決。顔認証と似顔絵画... » 詳しく

  • 3ポイント
  • 4
  • 14コメント

安全で平等な社会のために、パーソナライズされたプッシュ型の情報配信を

Daisukeさん

各種申請、税、防災、など、自分で調べたり誰かに聞かないとわからないことが多々あります。 助成や控除など、より生活を豊かにする制度があるにもかかわらず、知らない人、無関心な人が多数いると思います。 また、災害時などは人と人の助け合いが主であると思う一方で、予防・予見や... » 詳しく

  • 6ポイント
  • 6
  • 2コメント

話した言葉が即文章化できるワープロ

さんちゃんさん

《デジタル改革の内容と少し違うかもしれません》 私は友人・知人に手紙を出したいけれど字がヘタです。少しでも綺麗な字を書こうとすると時間が掛かかってしまい、途中でつい「マ・いいか」となって手紙を書かない時が度々有ります。そこで「話した声が即ワード化或いはエクセル化」で... » 詳しく

  • 3ポイント
  • 5
  • 5コメント

オンライン会議やイベントのアクセシビリティ

Reyさん

オンラインイベントやミーティングに移行して、聞こえづらい等の声が多くなってきました。オンラインミーティングでのマイクの使用は必須ですが、それでも聞こえづらい方がいるので、誰もが参加できるアクセシビリティの向上が必要です。聴覚障がい者だけでなく、発達障がい等でも文字が... » 詳しく

  • 23ポイント
  • 24
  • 7コメント

健常な新生児の割合を増やす。

だれかの遠い友人さん

出生前診断などで障害があると診断されても産むことについて容認する風潮となっていること、また否定派への人格否定行為に疑問を感じます。 診断結果依存でその後の対応に強制力を持たせるべきかと考えます。 具体的な内容については議論の余地がありますのでコメント欄へ。 » 詳しく

  • -1ポイント
  • 7
  • 16コメント

シニア世代にもわかりやすく使いやすい機器の推進

kkさん

スマホやタブレットに乗り換えられないために知らず知らずのうちに情報弱者となっている、情報リモコンの使い方がわからないからエアコンは使わないなど、高齢者世帯を中心に生活機器を使えないための様々な問題が生じています。 生活機器のアクセシビリティーが向上し、誰にとっても暮... » 詳しく

  • 8ポイント
  • 10
  • 4コメント

テレビやラジオの生放送に「とりあえず」音声認識で字幕を!

青木秀仁さん

テレビ番組の字幕の付与率はかなり上がってきていますが、生放送に限りいまだに人手で打って要約(取りこぼしあり)のタイムラグがひどい状態でやっています。数十秒遅れた上にCMに入るとカットされるのです。一度テレビの字幕ボタンをONにしてみてください。生放送だと「ない」ものもあ... » 詳しく

  • 9ポイント
  • 11
  • 7コメント

人間支援システム(AI)

IT+Entertainmentさん

車いすの天才、イギリスのホーキング博士(故人)、日本の目の不自由なピアニストの方など五感の一つが欠けていても活躍している人はたくさんいます。 そういった人々が活躍できる社会とはどういった社会か。 それを支援するシステムがAIに求められているのではないかと私は考えます。 ... » 詳しく

  • 3ポイント
  • 3
  • 2コメント

誰でも使えるオンライン遠隔手話通訳の配備

青木秀仁さん

行政の窓口などにタブレットを配置して誰でもいつでも利用できる遠隔手話通訳システムの配備を提案します。 手話通訳は「聴こえない人のため」と勘違いされがちですが、「耳が聴こえない人=手話が出来る人」でもありません(もしこれを見てるあなたが明日耳が聞こえなくなっても突然... » 詳しく

  • 10ポイント
  • 11
  • 2コメント

一般企業で働く聴覚障害者のコミニュケーション保障

華奈さん

一般企業で働く生まれつき重度難聴です。 音声認識アプリを一般企業内の会議や打ち合わせで使えるように制度・サービスを作っていくと良いと思います。 日常的な仕事場面では、手話通訳や要約筆記通訳の手配は困難です。 事前予約の手間や予算面、守秘義務等の理由からです。 そのた... » 詳しく

  • 6ポイント
  • 6
  • 0コメント

デジタル改革アイデアボックス オープン対話を機械字起こし

marさん

40分のデジタル改革アイデアボックス オープン対話動画を見るのは時間の無駄です。 正確を期すため40分の動画の添付は必要ですが、発言は全部機械音声認識で字起こしして、さらにAI文書要約ソフトによる要約も載せて欲しいです。 個人的には誤字だらけでも構わないと思います(最近のAI... » 詳しく

  • 8ポイント
  • 8
  • 1コメント

音声認識と自動翻訳のAPIの運用と公開を

青木秀仁さん

音声認識と自動翻訳はいま手軽に活用ができインターフェイスを構築できる要素でもあります。ですが、選択肢としてGoogleやMicrosoftなど有料のものが主流で開発に対するコストやハードルは高いです。 現在総務省(NICT)の方で開発している音声認識と自動翻訳のエンジン(アプリではVo... » 詳しく

  • 16ポイント
  • 17
  • 6コメント

聴覚障害者の対応に音声認識アプリの遠隔活用を

青木秀仁さん

UDトークと言う音声認識を活用して聴覚障害者とのコミュニケーションができるアプリを開発している事業者です。自身でも聴覚障害者の友人もおりアプリを活用してコミュニケーションしたり、自身が講演をするときなどは必ず使用しています。 文字支援は従来の要約筆記と言う方法に代わ... » 詳しく

  • 25ポイント
  • 25
  • 15コメント

DXで障害者の「障害」が単なる個性となる未来へ!

リョウさん

デジタル庁にて、障害者支援に資する既存デバイス・サービスの整理、及び現在のテクノロジーから出現が期待できる新たな「X」の開発を促進してください! そして、人間のありようを根本的にトランスフォーメーションしましょう! 私は重度聴覚障害者です。医療機関での診断によると... » 詳しく

  • 5ポイント
  • 6
  • 2コメント

デジタル化反対の人向けに

ひらがなのはらさん

まだ『スマホやパソコン苦手だからデジタル化反対』のような意見が多いと思います。 例えばテレビの前に座ってテレビに向かって話しかけるだけで、区役所に行かなくても住所変更や各種手続きができたり、銀行の残高が見れたり、お医者さんと相談できたり、そんな生活になりますよという... » 詳しく

  • 8ポイント
  • 12
  • 10コメント

“手書き”も、大事・・・

ゴールドロジャーさん

PCやケータイなので、文字を入力するのはカンタンですが、人間・・・書くことをやめると、字を忘れてしまいます。(漢字とか)そうならないために、定期的に手書きも必要か?と、思います! (デジタルが、すべて効率がいいとか、便利とか・・・そうとは、限りません) *将来、自分... » 詳しく

  • -15ポイント
  • 22
  • 5コメント

利用者目線の入力に見直しを(誰一人取り残さない)

北本安範さん

デジタルサービスは多く人にとってより使いやすくしなければなりません。 それはキーボード、マウスの操作を教えることと勘違いされがちです。 人がコミュニケーション手段として利用する会会話でサービスが寄り添い、 多様性を認めることです。キーボード、マウスでの入力やスマホで... » 詳しく

  • 1ポイント
  • 6
  • 2コメント

児童相談所情報のIT化

佐藤治雄さん

悲惨な児童虐待のニュースが見られる昨今ですが、そこで行われている情報伝達が未だに手書き日報とFAXであることに驚きを感じます。 ここはぜひ専用のWEBでの情報管理システムを作ってほしいものです。 と言っても、現存するシステムのほんのちょっとした改造で行けるはずです。 「ア... » 詳しく

  • 4ポイント
  • 8
  • 8コメント

国の技術を有効活用できるようにして欲しい

村場裕樹さん

国で実用化した、有用なソフトウェアサービスを開発している技術をユーザーにできる限りオープンソースで解放して欲しい。 経産省のgBizINFOなどの有用なサービスをもっと取り上げていくこともそうですが、音声認識など有用な研究とサービス化されているものが実証実験ベースでは色... » 詳しく

  • 7ポイント
  • 7
  • 1コメント

音声認識・合成音声の独自基幹システムを保有せよ

ICTの魔女さん

社会のデジタル化が進むにつれ、行政の手続きや案内、教育、会議など、あらゆる場面で音声をインターフェイスにしたICTが普及するものと考える。役所の窓口のロボットに口頭で申請や問い合わせをする時代も近いのではないだろうか。 このような世界を実現する基幹となるのは、音声認識... » 詳しく

  • 3ポイント
  • 6
  • 7コメント

医療機関受診予約時のマイナンバー登録

奈良倫之さん

医療機関の受診予約時に、マイナンバーを登録し、個人を特定できる状態にする(登録方法はアプリケーションでも、口頭でも良いと思います。きっと音声認識ソフトがすぐに作られると思うので。) 患者メリットとしては、事前に保険証情報、問診情報、既往や服薬記録などなど、紐付けら... » 詳しく

  • 7ポイント
  • 8
  • 4コメント

音声認識ができるタブレットを福祉窓口に配置し、職員が話す内容を大きな字幕で表示する。

MOKUさん

高齢の方が多く来庁される窓口では、耳が聞こえにくい方に対し、何度も繰り返して話す必要があったり、聞こえるように大声で話す必要がある等、手続きを進める上での意思疎通段階に課題があります。(最近はマスクにビニールシート、アクリル板でますます聞こえづらい!)       ... » 詳しく

  • 10ポイント
  • 12
  • 4コメント

地方自治体、省庁のサイトにAIチャットボットを導入

Madkickerさん

結婚、離婚、引っ越し、ペットの届け出等諸々のオンライン受付窓口として、 AIチャットボットを導入し24時間対応可能とする。 勿論、そのまま手続きに進めるのが理想だが、 先ずはどのような手続きが必要とか、 手続き説明のURLを返すレベルでもよい。 出来れば音声認識による入力が... » 詳しく

  • 8ポイント
  • 8
  • 1コメント

会議の速報議事録に音声データと自動認識の文字起こしデータを残す

村場裕樹さん

会議の正式な議事録ができるまでの間、もしくはそのベースとして、音声認識アプリを使って記録は全文残してアーカイブしてオープンにする事で、世の中の議事録の問題は解決できるのではないでしょうか? で、動画配信チャンネルで同時公開する。 そうすると広報の手間も減り、チェ... » 詳しく

  • 8ポイント
  • 8
  • 1コメント

自治体のサイトトップに「音声検索」機能を実装

MOKUさん

自治体のサイトトップに音声認識技術とAIチャットボットを組み合わせた、音声検索ができるシステムを実装するのはどうでしょうか。認識率の向上が必要だと思いますが、例えばスマホのマイクに「市県民税申告 どこの窓口」と聞けば、該当する部署のリンクと地図を返したりするといった形... » 詳しく

  • 5ポイント
  • 6
  • 0コメント

わざわざ危険を承知で使う人はいない

DTMーTBさん

現状ではデジタルが必ずしも人間の幸福につながっているとは思えない。そもそもネットの黎明期にハッキング行為やデータ搾取派などのデジタル犯罪において加害者と被害者の立ち位置を誤ったことが間違いだった。一般犯罪と同じように最初から加害者を罰するべきだった。当時は特定困難と... » 詳しく

  • -4ポイント
  • 16
  • 4コメント

なんでもかんでもWeb化ありきはやめましょう

sapporoskiさん

デジタル化による作業効率化は大賛成。しかし、Web化が唯一の解決策ではない。 現場の状況を考えてデジタル化しましょうというだけの話。 例えば、HER-SYS(ハーシス)。 医療機関や保健所からのFAX報告をWeb化しようなど現場の状況を顧みないシステム。 隔離されているCOVID-19疑い... » 詳しく

  • 1ポイント
  • 15
  • 8コメント

マイナンバーカードを活用したコンビニなどでの行政書類の受付業務代行

cti1650さん

ご高齢の方などで免許証の返納をされた方は市役所などへ行くことも大変だと思います。 そのため、コンビニによく設置されているネットプリント端末を活用して提出書類をスキャンし、 マイナンバーカードで認証を行った書類にQRコードなどを活用して認証情報をPDFに印字を行い、 提出... » 詳しく

  • 3ポイント
  • 6
  • 2コメント

議事録、協議メモ等作成罪の制定を!(笑)

タツヤさん

議事録はAI文字起こしを用いて自動化することを原則(修正には人手がどうしても必要となってくる)とし、その事務量をベースに人員や予算を配分してはどうでしょう。 地方自治体についても、それをベースに地方交付税配分に用いる各自治体の基準財政需要額を算定することとしてはどうで... » 詳しく

  • 4ポイント
  • 6
  • 5コメント
ページの先頭へ