検索結果 | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


検索結果

投稿されたアイデアをダウンロードしたい方はこちら

国土交通省の3次元地理空間情報の有効活用

山岸寛光さん

国土交通省の「3次元総プロ」のお話をご参考に示しておきます。 https://www.gsi.go.jp/chirijoho/chirijoho40073.html 日本というと「準天頂衛星」で自分の位置を±1m以下の精度でリアルタイムで測位できます。 近い将来人や車の円滑なナビゲーションや災害時の避難誘導等を可... » 詳しく

  • 12ポイント
  • 12
  • 0コメント

GoogleMap・GoogleEarthに代わる、日本国のデジタル地図整備とネット利用の推進

いずみさんさん

2019年、秋田県へのイージス・アショア配備に絡んで、防衛省は実地調査をせずに、GoogleEarthで配備場所を想定、誤りが見つかるという問題が発覚しました。 これは日頃から、国歌の政策立案、調査をする際に、国土地理院の地図を使わない、使えない状況にあって、他国の民間企業が... » 詳しく

  • 4ポイント
  • 7
  • 2コメント

基本地図情報システムの設立

saunatraderさん

情報把握、利用の基本は地図です。官民が相互に情報を書き込むベースとなる地図情報システム(GIS)を行政(国、都道府県、市町村合同)主導で立ち上げたらどうでしょうか。 1)住宅地図 2)公図 3)官民、民民の境界確定図、測量図 上記を重ね合わせて表示切り替えできるレイヤー地図を... » 詳しく

  • 11ポイント
  • 11
  • 7コメント

デジタル3D地図の公共化

catlikerobotさん

車の自動運転には3D地図が必要なので、民間事業者と共同で、公共地図を作れないでしょうか。Googleマップより精緻で、準天頂衛星による精細な位置情報と、自車の車幅、車長、を使った正確なオートドライブ、対向車や直交車の情報を使った危険回避などを、狭い生活路地レベルで実現できる... » 詳しく

  • 6ポイント
  • 7
  • 4コメント

国営の陸・海・空ナビゲーションシステムを導入しようぜ 1/2

MEN-Rさん

次世代に向けナビゲーションシステムによる事故を防ぎつつ、有効活用した方が良いと思った。 セキュリティに詳しくないがGPS受信機と機器の個体データと個人情報を紐づけを 登録したのなら災害・事故・遭難・渋滞・生活環境まであらゆる改善、 そして大規模なコスト削減と速い情報伝達... » 詳しく

  • -1ポイント
  • 5
  • 6コメント

救急車の準天頂衛星による頻度監視

Koaraさん

救急車に準天頂衛星みちびき(QZSS)に対応したGPS装置を義務付け、使用頻度や経路を可視化し、解析して改善できるよう統一したシステムを作って欲しいです。使用頻度が多い病院・自治体は、車両の補助を行う等して、地方創生事業として欲しいです。 救急車の他にもドクターヘリや消防車や... » 詳しく

  • 5ポイント
  • 5
  • 1コメント

①防犯②交通安全③防災の情報を地図上に反映するアプリ

MOKUさん

自治体が持つ、命を守るのに役立つデータをアプリ内の地図に落とし込み、スマホの位置情報と連携させます。住民一人ひとりに対し、普段生活する地域で身の安全を守るのに役立つ情報をわかりやすく提供することが可能です。 ①防犯…不審者出没情報や、ひったくり等の多発地点のデータを... » 詳しく

  • 15ポイント
  • 15
  • 3コメント

渋滞を回避するインテリジェントな信号

たかたかさん

VICSセンターで集めている情報や、携帯の位置情報、防犯カメラの情報などを活用して、 もっとスムーズに流れる信号の制御をできないでしょうか。 信号待ちをしていても、車も人も来ないことが多い。 特に空いている道で、無意味に信号待ちに引っかかると、 運転者にストレスもか... » 詳しく

  • 8ポイント
  • 9
  • 7コメント
ページの先頭へ