検索結果 | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


検索結果

以下のカテゴリへの投稿は本ページに表示されません。各カテゴリのリンクに直接アクセスしてください。

中央省庁での作業の進め方について

さかもとりょうまさん

デジタル化に向けた中央省庁での作業の進め方について、意見致します。 中央省庁の職員として、デジタル化に向けた各種作業(現状の把握、今後のデジタル化の方向性など)に携わっています。 デジタル化の方向性については大いに賛成するところですが、デジタル化を所管する各省庁の... » 詳しく

  • 5ポイント
  • 9
  • 4コメント

分かる、使える法規のハイパーリンクによる活性化

Sevenさん

【内規の問題】 e-Gov活用させてもらっています。 ところで、内規は法令をもとに整備するものが多いですが、現状、法令を真似た劣化版です。 1.機関の名称+テーマ名という長ったらしいタイトル 2.『〇〇〇〇センター(以下センターという)』といった共通定義の繰り返し 3.... » 詳しく

  • 8ポイント
  • 8
  • 0コメント

サイバーセキュリティ人材のための給与体系

JIkedaさん

先日、防衛省でサイバーセキュリティ人材の募集がありまして、月給30万円という条件が、「サイバーセキュリティ人材としては安すぎる」という声がSNS等でありました。真に優秀なサイバーセキュリティ人材は最低でも年収1千万以下では採用は難しいと思います。 もちろん、すでに入省済... » 詳しく

  • 15ポイント
  • 19
  • 6コメント

公務員の同人活動について

JIkedaさん

先般、高知県の教員が同人活動で懲戒処分されるというニュースがありました。副業禁止はある程度は理解できるのですが、私企業への関与でもない個人的活動で懲戒処分を行うことには納得できない部分があります。 同人活動では、調査、執筆、編集、プログラミング、デザインなどさまざ... » 詳しく

  • 3ポイント
  • 4
  • 4コメント

IT、システムがわからない管理職による業務阻害禁止

Yukitさん

デジタル庁、DX、AI、機械学習、マイナンバーカード、マイナポータル、各種API接続、クラウド化、セロトラスト、、 各種いろんなことを進めなければいけないし、議論を詰めないといけないと思うが、、 IT、システムがわからない管理職は、それを邪魔するな、、 つまり、技術がわか... » 詳しく

  • 18ポイント
  • 19
  • 10コメント

メールボックス容量の拡充

若手霞ヶ関住人さん

各省庁のメールアドレスは、送受信ボックスの容量が合計で1GB程度に限られてることが多い。 【問題点】 個人に割り振られた容量があまりにも少ないがために、以下の弊害が生じている。 (1)メールボックスの容量が一杯にならぬよう、毎朝過去のメールや大きな容量の添付ファイル... » 詳しく

  • 0ポイント
  • 8
  • 4コメント

業務予定とスマートデバイスの連携その他

JIkedaさん

現代社会では個人のスマートデバイスがスケジュール管理に活用されていますが、残念ながら秘密保全区画では個人の携帯情報機器を持ち込めません。残念ながら複数のネットワークが混在し、必ずしも全ての部屋に確実に存在する端末が存在しない(そのうえ、職員全員に端末が行き渡らない現状... » 詳しく

  • 4ポイント
  • 4
  • 1コメント

防衛省における秘密文書の管理について

JIkedaさん

現在、防衛省では秘密文書等を、登録簿、保管簿、接受簿など複数の簿冊で管理しています。この極めてリレーショナルなものを人間が紙で管理するのは愚の骨頂です。また、判子を押さなければいけない量が非常に多いです。一箇所に秘密の文書を複数送るときは、当然のように判子を1部づつ押... » 詳しく

  • 8ポイント
  • 8
  • 4コメント

行政電子化に失敗した総務省はデジタル庁設立と同時に解体

星栞さん

総務省 組織案内[検索] ------------------------------------------------------------------------------------------------ 行政管理局…電子政府の推進→大失敗Σ(゚д゚lll) 行政評価局…良いのではないか(・ω・)b 自治行政局…電子自治体の推進→Σ(゚д゚lll) 自治財政局…良いの... » 詳しく

  • 8ポイント
  • 12
  • 1コメント

色々な表の金額の単位を統一化

netbeen56さん

例 1,234,567 (億円) これだと いくらなのかのイメージが瞬間的に分かりにくい よって 123.4 (兆円) こういう書き方にしてもらいたいです 大きい金額を 小さな単位で表現するのは辞めてもらいたいです » 詳しく

  • 0ポイント
  • 5
  • 1コメント

若手職員の抜本的な業務改善の取組:email削減の処方箋

Marumasaさん

霞が関のみならず、今や世の中の多くの民間企業や大学等の職員は、日々、大量のemailの処理に追われ、極めて非効率な働き方を余儀なくされている。特に若手職員は常にパソコンのメールソフトと格闘し、1日に数百通にも上るemailを処理しており、半ばemailを処理することが主要な業務と化... » 詳しく

  • 5ポイント
  • 6
  • 2コメント

公務員はSNSを使うべき

やまときさん

国家公務員です。 公務員がSNSを使う場合、役所ごとにさまざまなルールが存在します。(実名はダメとか、所属を明かすなとか、勤務時間中は使うななど。) 公務員がルールを守るのは当然ですが、公務員はルールの範囲内でどんどんSNSを活用すべきです。国民のニーズを掴んだり、専... » 詳しく

  • 5ポイント
  • 6
  • 1コメント

データの作成

pxz062601さん

仕事をしていると職場内で一日中職員のほぼ全員が、パソコンを打ち続けています。それは、アウトプットされて会議資料になったのか、何になったのか定かでありませんが。 職員にいて思うのは、ネットワークに乗らない情報、コンピュータが、処理出来ない情報が、物凄い労力を使って生み... » 詳しく

  • 5ポイント
  • 5
  • 2コメント

国会質問通告時間の見える化

さん

霞が関ブラック化の主な原因の一つが国会対応。特に、国会議員が前日の遅い時間に質問通告を行うため、無駄な国会待機、深夜に及ぶ答弁作成作業が発生していていることは大きな問題です。これは、国会の日程闘争が政治的道具となり、国会日程がギリギリまで決まらず、それに伴い開催され... » 詳しく

  • 5ポイント
  • 5
  • 2コメント

国会答弁、連絡関係のデジタル化

二郎さん

・国会答弁書のデジタル化  国会答弁をタブレット等によるデジタル化をすれば、ペーパーレスに対応するために上司等の職員の意識が変わる。 ・国会答弁書の大臣や内閣総務官室への紙での持込の廃止  省内等に国会答弁を配布する際の印刷の紙の大量消費と印刷時間、印刷物の整理時... » 詳しく

  • 9ポイント
  • 9
  • 1コメント

真の勤務時間管理に関する要望

sando7さん

出勤時の出勤簿への押印の廃止が進められ、マイナンバーカードを入管ゲートにタッチした時刻で出勤管理が行われている省庁があるようだが、これは遅刻状況の管理にすぎない。退勤時刻についても、異常な超過勤務、残業手当の未払い等の実態についても把握した上で、中央官庁全体及びそこ... » 詳しく

  • 14ポイント
  • 19
  • 3コメント

中央省庁のWi-Fi統一

りくさん

中央省庁及び議員会館、国会において共通のWi-Fiを設置、もしくは省庁職員のアクセス可能なWi-Fiを設置して欲しい。現在は会議等の際にメモをして、再度執務室に戻ってから電子媒体に文字お越しをしており二度手間になっている。他省庁と打ち合わせをする際にもPCが使えないために、多く... » 詳しく

  • 14ポイント
  • 15
  • 2コメント

個人スケジュールの「見える化」

まりこさん

提案の概要:日程調整をスムーズ且つ正確に行えるよう、個人スケジュールをシステム上で「見える化」することを提案します。 現状:私の所属する部署では個人のスケジュールを相互に参照できないため、会議や打合せの都度参加者の予定を事前に口頭やメールで確認した上で日程調整をし... » 詳しく

  • 7ポイント
  • 16
  • 6コメント

全省庁でのリモート会議システムの統一と個人へのアカウント付与

ステキ事務員さん

私は省庁職員ではありませんが、省庁職員の方々と仕事で関わることが多く、投稿させていただきます。 各省庁ごとに使用しているリモート会議がバラバラで、複数の省庁が合同でウェブで打ち合わせをすることが困難になっています。そのために、コロナ感染のリスクがある中で会議室に集合... » 詳しく

  • 8ポイント
  • 10
  • 2コメント

営繕積算システムのWebアプリ化

Nagisa_aさん

現在、営繕工事や土木工事での積算に必要なソフトウェアが、 一般社団法人建築コスト管理システム研究所にて配布されています。 このソフトウェアは、各パソコンにインストールし、 IDとパスワードにて、発注者、設計者がアクセス、積算が出来るようになっています。 このソフトウェ... » 詳しく

  • 8ポイント
  • 8
  • 2コメント

各省庁システム調達部門のデジタル庁への集約によるDX時代のシステム調達プロジェクト実現

udppfさん

ある省庁システムの運用設計担当でした。その時の経験を踏まえ投稿します。 【私が経験した現状】 ・省庁職員のシステム調達スキル欠如 一般的な省庁職員は業務は理解していても専門技術やシステム開発プロジェクトマネジメントを理解している人が極めて少なく、コンサル・ベンダー頼... » 詳しく

  • 20ポイント
  • 20
  • 2コメント

日本企業による基盤を作ってはいかがでしょうか。

takasanさん

デジタル庁を発足させるのであれば、政府基盤のクラウドを米国のAWSなどではなく国内企業による基盤を作られてはいかがでしょうか。 情報通信の根幹は安全保障にも繋がりますので、霞ヶ関のクラウドはできれば国内企業による構築が良いのでないかと思います。 » 詳しく

  • 5ポイント
  • 16
  • 5コメント

第二期政府共通プラットフォーム(AWS)運用コスト削減案

にんにく増し増しさん

第二期政府共通プラットフォームにAWSを採用、とのことですが、今後の拡張に関して提案があります。 いきなり全てのサーバをクラウド上に移管する、というのではなく、少しずつ更新のタイミングでクラウドに移していく、ということになるはずです。  そうなると クラウド完全移行後... » 詳しく

  • 0ポイント
  • 9
  • 6コメント

デジタル改革の土壌づくり

ssさん

平成の初めころに比べると役所も変わってきていると感じますが、それでも民間に比べると前時代的なものが多く残っているようです 異論が多いのは承知で、以下は個人的なアイデアです 事務処理 ・庶務、会計、人事、旅費関係の法令を改正し、紙媒体のものをデジタル化する (例:出... » 詳しく

  • 13ポイント
  • 15
  • 4コメント

固定電話の廃止、携帯電話の付与

コジコジさん

テレワーク普及や取次ぎによる業務中断を考え、固定電話を廃止し職員に携帯電話を配布すべき。 業務時間外の呼び出し等の課題はあるが、外出時等のテザリングや業務連絡にも使用できるため効果は大きい。 » 詳しく

  • 16ポイント
  • 28
  • 9コメント

ID・メールアドレスの統一化

コジコジさん

省庁間移動することでIDやメールアドレスが変更になってしまうのはおかしい。 縦割り行政の象徴的な状況の一つ。 公務員としての人格は一人なのだから統一して使いまわせるようにすべき。 » 詳しく

  • 17ポイント
  • 24
  • 4コメント

執務室内のプリンタ撤去

コジコジさん

プリンタがあるからデジタル媒体も紙出力してしまう。 特に、政治家や上司等、偉い人向けレクや会議で気を使って不必要に出力しているケースが多い。 また、プリンタ出力の騒音でWeb会議が円滑にできないケースも発生している。 手続き効率化、環境面からも紙出力しないことを前提に業... » 詳しく

  • 5ポイント
  • 21
  • 5コメント

公文書管理について

しがない人さん

公文書管理について1点ご提案させていただきます。 普段からとある省庁の職員として文書管理業務を実施しているところです。各文書ごとに文書の種類に応じて分類分けを実施し、分類に応じた保存期間内は保存、保存期間が過ぎれば廃棄という手続きを実施しています。そこで提案なのですが... » 詳しく

  • 13ポイント
  • 17
  • 3コメント

統計調査、回答するのも集計するのも大変すぎる

piaさん

今年は国勢調査がありましたが、来年は全ての事業者が対象の「経済センサス」の調査があります。こういう統計データを作成するために、企業も省庁も莫大なコストをかけています。省庁横断的に行政データを連携させるシステムにして、そこから必要なデータを引っ張って統計作成に使うよう... » 詳しく

  • 6ポイント
  • 10
  • 3コメント

共通業務の標準化

じうさん

各省庁共通の業務は原則標準化できないか。 例えば、超過勤務処理はシステム処理、excel処理、紙ベース処理と各省庁でやり方が異なる中、効率の差が相当にあるものと推察。服務関係の手続きも人事院規則等がベースである中、同じ省庁内であっても、部局や出先で処理方法が異なることも... » 詳しく

  • 12ポイント
  • 15
  • 0コメント

日本政府版slack(チャットベースのコミュニケーションツール)の開発・導入

てんぷるスマートヘルスさん

日本政府版slack(チャットベースのコミュニケーションツール)の開発と導入をしてほしいのです。■新型コロナの危機管理に従事しています。メールを使って、省内及び省庁間、自治体関係者らとやりとりをするのに大きな困難を認識しています。例えば、省内のメールも一日に数百通がとびかっ... » 詳しく

  • 21ポイント
  • 22
  • 3コメント

副業専門職としての制度の確立

lefさん

自分自身はいまパートタイムの公務員として週2日勤めています。 専門性を活かすことが出来、環境も悪くなく基本的には恵まれた、やりがいのある環境で働いていると感じています。 もちろん、民間での収入に比べ給与は安く、制度は旧態依然としているのもあり、改革は望まれるところで... » 詳しく

  • 12ポイント
  • 12
  • 0コメント

システム調達の際、ベンダーに支払う金額を利用率に応じて決定

たけさん

・国におけるシステム調達の契約は、「一定の契約料の下で、仕様書を満たすシステムを構築する」という形態になっています。 ・そのため、ベンダー側には、契約締結後、工夫して利用率の高いシステムを作る動機がありません。むしろ、仕様を満たすギリギリの水準を確保しつつ、できる限... » 詳しく

  • 2ポイント
  • 9
  • 3コメント

国家公務員の勤務体系を原則テレワークに

レインボーさん

在庁勤務を今後も主な勤務体系とした場合、紙書類と対面を重視する働き方が継続し、既存のオンライン技術の十分な活用がされない、また新たな技術の導入も促進されない、といったことが考えられます。 そこで、デジタル化推進のため、国家公務員の勤務体系を原則テレワークとし、在庁勤... » 詳しく

  • 15ポイント
  • 24
  • 4コメント

省庁横断システムの改善要望

kareidscope1123さん

省庁横断システム(GIMA,文書管理システム、SEABIS等)の改善要望の窓口がありません。 何かあれば事務所内の担当部署(総務課等)に聞けとしかなっていません。 一応、総務課→本省総務課→総務省システム班(?)に上がる仕組みなのかもしれませんが、 間をはさみすぎてタイムリーな情... » 詳しく

  • 14ポイント
  • 14
  • 2コメント

電子決裁を利用しない業務の明確化

じうさん

押印見直しが進むことで、内部的な手続きも今後抜本的に見直しが進むことが予想されます。 そのような中、現状の実務では、庶務業務をはじめとして簡易な内部業務では、ゴム印で決裁欄を付して、決裁権者まで押印を求めて、意思決定ないし確認する行為が相当数見受けられます(電子決裁... » 詳しく

  • 9ポイント
  • 14
  • 4コメント

ブラウザの互換対応について

のぼるさん

アイデアの要旨としては、「互換性の高いソースコードの使用と、旧来のシステムの互換対応への柔軟な予算配分」です。 マイナポイント等対国民向け行政サービスについて、対応ブラウザがIEのみであるという指摘がありましたが、行政組織内で使用されるシステムについてもIE11かつ互換... » 詳しく

  • 14ポイント
  • 15
  • 2コメント

手続きのデジタル化(誰一人取り残さない)

e-Takaさん

今後、官公庁の申請・届出などのデジタル化が進むと思いますが、書類に記載する事項についての投稿です。 当面は、現在の紙媒体の書式そのものがパソコンやスマホで手続きできる画面へと変更されたデジタル化になろうかと思います。 しかし、手書きと異なり、書く場所が画面では分かり... » 詳しく

  • 1ポイント
  • 5
  • 1コメント

誰一人取り残さない

e-Takaさん

タイトル「誰一人取り残さない」は、次回のオーブン対話のてーまですが、特に地方の高齢者がその対象になると思います。 課題の一つが操作方法であり、更に掘り下げるとどこに聞けば良いかが分からないことだと思います。 最近は、官民問わず色々申請・届出などの手続きがデジタル化さ... » 詳しく

  • 3ポイント
  • 6
  • 6コメント

テレワークにおける残業の取り扱いについて

のぼるさん

私の所属している省ではテレワーク自体は推奨されているものの、残業代の支給が認められておりません。 もちろん、残業を行わないように計画を立てて業務を実施してはおりますが、 定時直前に出勤している職員からの急ぎの問い合わせ等が発生した場合、テレワーク環境にて残業を行わな... » 詳しく

  • 13ポイント
  • 14
  • 3コメント

資格獲得の奨励

ガソバルさん

霞ヶ関のITリテラシーが低いことは周知の事実だと思います。 実際どの程度のIT人材が霞ヶ関にいるかは判りませんが、PJMOやPMOですら技術に明るくない人間が着任している状況があります。 そこで、全体のスキルアップの動機付けとして、資格取得の推進などをされてはいかがでしょうか... » 詳しく

  • 18ポイント
  • 26
  • 18コメント

IT技術系職員の待遇改善

ガソバルさん

国も地方自治体も技術職職員の待遇が悪いと感じます。 一部の府省では技術職でも幹部になれると聞きますが、多くはキャリアであっても課長職どまりだと聞いています。 給与がすべてではありませんが、(私は一般職大卒程度なのでそれで言うと)1年目の月給で5万ほど、期末手当でいえば... » 詳しく

  • 35ポイント
  • 36
  • 10コメント

脱ハンコで困る人

ssさん

大っぴらには言いにくいですが、ハンコの最大のメリットは、本人でなくても押せることです。たとえば休暇や出張の申請は、承認する人が「ハンコを預ける」という形で部下が押していることが多いので、これができなくなると、すべての案件が本人のところにいってしまい、面倒くさい!と八... » 詳しく

  • -3ポイント
  • 6
  • 7コメント

予算等の制度改革が必要

伊藤弘子さん

・年度単位での管理の撤廃 予算要求は国会対応に並び、職員の工数が取られる非常に大きな仕事となっています。システム部門は毎年このために人員を割いており、システムの更改や運用に支障を来す状況も発生しています。国庫債務負担行為を取得する選択肢もありますが、枠を確保した場合... » 詳しく

  • 13ポイント
  • 13
  • 1コメント

Web API等を利用できる環境を

milagrosさん

Web上にはオープンデータを含め有用な情報がありますが、端末上でWeb APIやLODを利用できる環境がないため、 情報の取得や利用に時間と手間がかかります。 情報セキュリティを考慮すると全てのURLを接続許可することは難しい思いますが、 申請があれば端末から一定期間接続可能にする... » 詳しく

  • 5ポイント
  • 5
  • 1コメント

勤怠管理システムの構築

しんたろう11さん

職員の勤怠管理は、課内共有のエクセルシートやガルーンの予定表に入力された休暇等のスケジュールを特定の職員が集約して経理に報告しています。 分かりきったことかもしれませんが、PCのオンオフデータを基本とした勤怠システムを構築し、職員各自で入力、上長が承認するシステムにす... » 詳しく

  • 7ポイント
  • 7
  • 2コメント

情報形式の統一と集約化

e-Takaさん

地方出先機関で勤務している者です。 組織内外で所有している情報形式が統一されていないことから、せっかくのデータが活かされていません。また、情報は各部署が管理しているため、何かと制約を付けて集約ができていません。 セキュリティ対策は必要ですが、部署の垣根を越えてデータ... » 詳しく

  • 9ポイント
  • 9
  • 2コメント

中高年層の再教育

もんたろうさん

今回のコロナ禍でわかったのは中高年層の「つかえなさ」 国難ともいうべき状況なのに「前例踏襲」「自分の保身」ばかりして、いっこうに良い改革が起こらない。 長い間官公庁に在職しているせいで、民間と考えが完全に乖離している。 その癖、河野大臣の声掛けがあるや、今まで判子の... » 詳しく

  • 10ポイント
  • 21
  • 19コメント

Googleドライブ、スプレッドシート等の活用

しんたろう11さん

窓口業務では各課への資料作成依頼にエクセルシートを多用し、メールを使用し集約しています。 これらの業務について、Googleドライブやスプレッドシートを活用することで、省内や各支局等とファイルを共有し、複数名による同時編集が可能となります。大手企業でも数年前から使用されて... » 詳しく

  • 5ポイント
  • 6
  • 6コメント

デジタル環境整備の予算は基金化してほしい。

IT好きさん

デジタル環境の構築は、試験的に運用して効果や仕様を検討しないと全体に整備できないため、予算要求時に詳細を詰めて積算するのは難しいと思います。IT人材は、民間から来る方が多いことを想定すると、デジタル環境整備の基金を作り、執行を管理した方が、無駄や手戻りがなく、予算要求... » 詳しく

  • 6ポイント
  • 6
  • 0コメント
ページの先頭へ