検索結果 | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


検索結果

以下のカテゴリへの投稿は本ページに表示されません。各カテゴリのリンクに直接アクセスしてください。

一覧表示する期間を指定
指定なし
1日
1週間
2週間
1ヶ月
3ヶ月

パスワード付きZIPの代替手段

hisaさん

一言でいうと、組織や団体毎にファイル受信用の鍵付きポスト を用意するイメージ。 1)送信者は、ファイル送信用のWebページ(SSL)からファイルを送信(登録)   この時、ファイルのハッシュ値やユニークIDを発行し表示 2)送信者は、ハッシュ値やユニークIDをメールに貼り付... » 詳しく

PPAP

mtomさん

PPAPの廃止ですが、これを全国に波及させようとするとなかなかポリシーもあって難しいことは自明の理です。 そこで代替案としては、boxなどのクラウドストレージを利用した安全なファイルリンクを使ってのやりとりが今後より一般的になると思います。 そうすれば、所謂物理サーバーを企... » 詳しく

PPAPで何から守りたかったのか

ひらちゃんさん

パスワード付き添付ファイルとパスワードを同経路で送信する、いわゆるPPAPの代替ですが、どんな目的でPPAPを行っていたのかを考える必要があると思います。 PPAPを利用していた主な目的としては、 1. 盗聴による漏洩から守る 2. 誤送信による漏洩から守る (ファイルを間違った宛先... » 詳しく

車輪の再発明をしない

ikemoさん

PPAPの代替案が多いと思ったら、平井大臣がアイデアを募集してたんですね。 アイデア募集するのはいいんですが、セキュリティ的には「車輪を再発明しない」が原則です。適当にググったらJIPDECの人の資料が引っかかったんですが、「S/MIME」とか「オンラインストレージ」とか、既存の... » 詳しく

PPAP代替手段

じゃすがんさん

Googleドライブのような共有ドライブを利用し、共有者を指定して、メール通知する。 前提として、ドライブアクセスは全て多要素認証を絶対とし、アクセス許可設定できるユーザは多要素認証されていなければできない。もしくは、アクセス許可はされても、多要素認証してないと根本的に... » 詳しく

ppap代替案p2p+ワンタイム+公開鍵&秘密鍵

矢野さとるさん

対策あん ・パスワードは完全廃止ワンタイムパスワード式に ・ファイル送受信はp2pでPC間のろーかるねっとわで完結 ・外部ネットワークは一切挟まない ・公開鍵&秘密鍵を全職員に配布、公開鍵を中央管理 ・ファイル送信時、送り相手と自身の公開鍵で暗号化 ・解凍時は相手の... » 詳しく

PPAP代替案(Box利用:LGWAN経由など)

tak1641さん

PPAP代替案ですが、Boxなどのクラウドストレージを用いて、メールにはダウンロード用のURLを付けた運用がよいと考えます。 メリットとしては ①自治体はLGWAN-ASPにBoxは接続されているので、LGWAN経由でBoxにインターネットを介さず接続可能。中央省庁は現時点ではBoxへのセキュアな... » 詳しく

PPAP代替案

むちぼうさん

送信者は送信したいファイル(非暗号化)をクラウドストレージにアップロード (または添付ファイルのまま送信すると自動でアップロードされメールからは削除される) ダウンロード可能な受信者の携帯番号または電話番号を設定 (または名刺管理システムなどと連携) ダウンロード用のU... » 詳しく

PPAP(パスワード付きZIPファイル)の代替え案

banzaisystemさん

PPAP(パスワード付きZIPファイル)の代替えの修正案です。 1、サーバにファイル共有を作る。(イメージ例:icloud、Googleドライブ) 政府でファイルサーバを制作(既存サーバでも可)して利用者がファイル保存や閲覧する。 2、利用者はサーバにログイン接続。パスワードを入力... » 詳しく

PPAPからの脱却

池田直哉さん

基本的には情報の機密度に応じレイヤーわけされると考えられる。 1. 機密性が必要のない情報 例えば、一般的な勉強会などの召集のように機密性が必要のない情報は単にメールに添付するだけでよい 2: ある程度の機密性が必要な情報 これは1よりは機密性が必要な情報で、漏洩してもそ... » 詳しく

PPAP(パスワード付きZIPファイル)の代替え

banzaisystemさん

PPAP(パスワード付きZIPファイル)の代替え案です。 1、サーバにファイル共有を作る。(イメージ例:icloud、Googleドライブ) 政府でファイルサーバを制作(既存サーバでも可)して利用者がファイル保存や閲覧する。 2、ファイル共有にファイルを保存してURLやパスを相手にメー... » 詳しく

メールのzip暗号化廃止について

さぼはにさん

省庁間のやりとりでムダを省くために、情報共有基盤を作成するのは意義のあることだと思います。 ただ、今回の報道を受け「日本のビジネスではメールにzip暗号化の添付は廃止だ」 という風に受け取りかねないです。 暗号時に設定しているパスワードは「英数記号混在で12文字以上」... » 詳しく

パス付きzipを廃止する件

ヨシさん

ニュースで見ました。 https://news.yahoo.co.jp/articles/53450f94e77428bca505329163d4de2e2fd53a2e つまり、セキュリティレベルを下げて、利便性を取るという意味で合ってますか? 確かに、zipのパスワードは簡単に破れるかもしれませんけど、 100人中95人が、 ・パスワード... » 詳しく

メール添付ではなく、共有リンクの送信の普及

.kaz007さん

最近、日本郵便子会社から、電子メールの間違った添付資料の転送がありました。 かなり重大な事件です。💢 これ、メールが悪いわけではなく、情報リテラシーの問題だと思ってます。💢まじでありえない。 メールにデータ添付だと、送信した内容を問わず、添付データが複製されます。 ... » 詳しく

エストニアのDigiDocの実現

デジタルコンシェルさん

前職でエストニアの技術を提供する企業にいた関係で、自分自身もe-Residencyを持ち、エストニアの技術に触れて参りました。 その中で日本に居てもとても便利だと感じたのがDigiDoc(https://en.wikipedia.org/wiki/DigiDoc)でした。 これは、エストニア政府が発行しているIDカードを使... » 詳しく

ページの先頭へ