コメントの問題報告 | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


コメントの問題報告

対象の内容

イメージする力が問われていると思います。
富岳のシミュレーションで私たちも目撃しましたが、口から出た飛沫はこれまで思っていた以上に拡散しているというものでした。他人と接する時に、外の施設を利用する時に、この「飛沫」がその場所にどのように飛散しているか、漂い、滞留しているかをイメージしながら生活することで感染を(できるだけ)避ける行動が可能だと思います。
実は私自身もともと潔癖症?気味な習慣がありました。大声で唾を飛ばしている人の側からは離れたい、他人が触れたかも知れない蛇口は触らない、ドアを開ける時も、できるだけ普段人が触らないところを選んで開ける、手すりには触れないようにする。帰宅したら、自分の手に何か付いているような気がするので何度も手を洗います。うがいもするし、よくコーヒーやお茶を飲みます。他人の飛沫やドアノブに付着した手の脂みたいなものが、目に見えるような感覚です。

皆さん、コロナがどう漂っているかイメージして生活しましょう。「汚いものが漂ってきた」「汚いものが手についている」と思えばそこを避け、手を洗いたくなります。イメージして感情と行動を一致させることが習慣化のコツです。

報告/依頼内容
ページの先頭へ