コメントの問題報告 | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


コメントの問題報告

対象の内容

・校則は各学校が指定するので、権力(支配者)側の一方的な押し付けになりやすい。
・一度できた校則を時代に合わせて改定しようしすれば、それで何か問題が起きた時の責任を追及されるので、改定したがらない。
・教師には異動があり校長も定年前の名誉職だから、敢えて変える必要性がなく、前例を引き継ぐだけになる。
・問題が発生したら校則で縛るを繰り返しているので禁止事項が増えるだけ。
・世代的に上の(親や教師)価値観で設定される。

なので「下着は白限定」(誰の趣味?)とか「生まれつきの赤毛を黒くしろ」(それって髪を染めてるじゃん)とか変な対応が続いて、世間に指摘されるまで気づかない。

根本的な問題は、教師になる人のほとんどはそれまでの学校のあり方の中で優等生だった人(適者)なので、自分が評価されてきた環境を肯定し維持し続けようとする。(校則を破るなんて考えもしない、できない)
なのでそれから外れた生徒の気持ちも能力も理解することができない。ただ否定し排斥したがる。

GTOが必要だな。金八先生でもいいけど。
尾崎豊みたいな人が教師になれば変わる。

先生は専制の継続システム。校則で拘束する。

報告/依頼内容
ページの先頭へ