コメントの問題報告 | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


コメントの問題報告

対象の内容

#001 ご質問有り難う御座います。
現在国では「ITスキル標準」というものが定義されていて、レベルを1~7としています。しかしながら、制定されたのは2002年と古いにも関わらず、それ程浸透しているとは言えず、IT系の仕事をしている人材でも、この指標を知らない方もいます。一般の方にすればもっと知らない事でしょう。折角事細かく定義された素晴らしい制度があるにも関わらず、本当の意味で「活用」をされていないのは非常に勿体ない話ではあります。
例えば、ITスキル標準では、レベル1が一般利用者、2が見習レベル、3が一人立ちレベル、4が高度レベル・・・のように定義されています。
そういう指標も活用しつつ、国としてもっと厳密に人材の定義をするべきかと考えました。
今現在は、例えばIT部門に所属していれば、作業員やパソコンオタクレベルの人も「IT人材」と定義されています。
日本には凡そ103万人程度の「IT人材」が存在すると言われていますが、本当にこの数字が正しいかどうかは疑わしい限りで、能力水準を明確に定義した上での「IT人材」を数えれば、実際にはもっと少ないでしょう。

報告/依頼内容
ページの先頭へ