コメントの問題報告 | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


コメントの問題報告

対象の内容

オンライン授業・テレワークのような動画配信が阻害される要因はプロバイダ・キャリアの「帯域制御」だけではなく、
・回線の各種の障害、モバイル通信の電波状況
・多くの民間向けプロバイダ・キャリアは「ベストエフォート方式」、そもそも通信帯域は保証されていないので混雑すれば速度は落ちる
・その他ユーザーの責任範囲である家庭内ルーター、端末の不具合
等があります。意図的な「帯域制御」だけに対処しても必ずしも快適にオンライン授業やテレワークを実施できる訳ではありませんが、憲法以下各法で定められている「通信の秘密」の侵害に当たる可能性があり議論されています。

帯域制御ガイドラインについて - 総務省
https://www.soumu.go.jp/main_content/000692606.pdf
「本来、ISP等はバックボーン回線等のネットワーク設備の増強によって対処すべき」
「帯域制御はあくまでも例外的な状況において実施すべきもの」
とされていますが、罰則がある訳でもなければ、現状ユーザー側から帯域制御中であることを認識することもできません。

(続く)

報告/依頼内容
ページの先頭へ