コメントの問題報告 | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


コメントの問題報告

対象の内容

#013
意見を保留してましたが。少し落ち着いて、ご意見を精査して考えてみました。決め手になったのは、提案者が第三者の個人情報を収集していると明言した部分です。破産者マップ事件が示しているように、官報で公示された情報であっても節度ある管理が、社会に求められる時代です。

非公開→閲覧可能→写しの交付可能→常時公開
こうした段階の中の閲覧可能について、写しの交付に相当する行為である写真による複製は、やはり禁止されてしかるべきです。
そしてデジタルベースの公文書管理においては、これらの区分が明確に設定される必要があるなと感じました。

閲覧可能と写しの交付可能の線引きは、前者の主目的は確認・後者の主目的は情報収集なのだろうと見受けます。
そう考えた場合にご希望に添うような制度設計の変更は難しい・行うべきでは無いと考えます。同時に、曖昧では無い明確な、法的線引きの必要性について考えさせられました。

報告/依頼内容
ページの先頭へ