コメントの問題報告 | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


コメントの問題報告

対象の内容

#027

私としては「賢さ」による食い違いとは「情報の差」がまずあって、そこに「価値観・捉え方」の補正がかかっているという風に考えるので

第一に
「情報の差」を埋められるように「共通の情報に基づいて考える(情報共有ですね)」事が必要に思う。

(情報が同じ場合の判断力は大概似たようなものと思うし、良いとされる者も、真に優れた者達の知恵を借りて判断力の模倣をしているに過ぎない。だから、前提情報さえあれば賢差は軽減できるという風に私は考える。)

第二に
各人が何を望んでいるのかはじめに明確にする事が必要。

重要なのは、何がどうなると良いのかという機能・結果だけであり、方法だけをただ批評しても意味がない。

一つの方法で上手くいかないならいくつかの方法を組み合わせればよいだけ、目的の為の手段を論じるのであって、手段を論じるのを目的にしてはいけない。
だから、話の方向性を理解する為にそれぞれの方向性を確認する事が必要。

私の場合は
「国民は無知が理由で熟成した判断ができないだけだから、情報を与えて自分達で考えさせれば思考の質が向上してゆく。だから、その為の情報源・場を作るのがよい」

報告/依頼内容
ページの先頭へ