コメントの問題報告 | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


コメントの問題報告

対象の内容

病院に行く人の中央値年齢が40でなくお年寄りであるように行政のサービスの利用者は生活給付金や補助金の申請に使う人がいるため世の中の平均よりは低くなり、ユーザーのマジョリティーはそういう人たち。

経済的に恵まれていない人はフィーチャーフォンや格安スマホを使っていることが多く、NFCのような高価なセンサーは持っていない。窓口にいけば500円かそこらで対応してもらえる処理のために5000円-1万円かかるカードリーダーや5万-10万かかるスマホの買い替えをする事は現実的でなく、利用率が上がらない。

政府の電子化の目的の一つは電子化によるコスト削減、窓口業務の工数削減であり、一般ユーザー目線でICカードリーダーというめんどくさい投資を頑張るよりは窓口にいった方が早いというのが多くの人の判断結果。日本の窓口公務員は十分に有能でその能力に比べて給料が低い。

報告/依頼内容
ページの先頭へ