コメントの問題報告 | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


コメントの問題報告

対象の内容

#105 > 全ての国民は平等であるという憲法の精神に反して

現状の NHK はさておき公共放送という話であれば逆です。

公共放送は情報に対する公共の福祉という位置づけで国民に須く平等に提供されなければいけません。問題は、公共放送を学校や図書館といった公共設備と同じように税金で賄うとすると、情報を扱う上でその予算を付ける行政や監督官庁の影響を受けるリスクが生じるという理由で受信料という徴収形態となったというのが経緯です。
公共設備は人によってその利用度というのは異なりますが、その整備や維持の原資は国民から集められた税金なわけで、使ってないからその分税金引いてくれという話にはならないという理屈と同じです。

だったらそもそもいらないよねという話にもなるかと思いますが、民間放送がどのようになったとしても公共放送は影響を受けない、例えばコロナ禍で旅客業や観光業や飲食業が打撃を受けたように、何かしらのきっかけで民間放送がその業務の継続が難しくなったとしても少なくとも公共放送は継続されるという状況を維持しています。

受信料という徴収形態が誤解を招いているというのはそうかなとも思いますけどね。

報告/依頼内容
ページの先頭へ