コメントの問題報告 | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


コメントの問題報告

対象の内容

広聴部門はどこの自治体にもあるのですが、どこまで意見を聞けば国民の声を聞いたことになるのか、難しい問題だと思います。
100人いて、80人の意見を聞いたとしても、後の20人にとってみれば意見を聞かれていないと思われてしまう、そういう問題があります。

今までは直接会う事でしか意見を聞く仕組みがなかったため、ある程度の大きな意見を代弁する業界団体や消費者団体の陳情を聞くというのが合理的だったんだと思いますが、デジタル化の推進に伴って、より幅広い意見を直接的に聞く事が出来るようになりました。

それがアイデアボックスのような取り組みだと思っています。

広く意見を集約して、その中から最後は決裁権者として選ばれた議会が決裁して決めていくようなそういう政治になればと思います。

報告/依頼内容
ページの先頭へ