コメントの問題報告 | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


コメントの問題報告

対象の内容

・厚労省のマイナンバー情報流出問題はデジタル庁で徹底調査、対応してほしい@06600
・デジタル庁公認 一次請け企業 認定@02547
こちらでも述べましたが、デジタル関係の事業を外部業者に発注して行う場合、公開入札になるとしても各企業に下請けから孫請けまで全ての外注先、提携先を開示させ、「誰がそのプログラムを作成したか」の責任を明確にするために、出来上がった成果物たとえばアプリなどには全ての関係者の氏名と所属をどこかに明記すべきだと思います。中国など海外に委託すれば国民の個人情報が漏れたりバックドアを忍び込ませたりされる危険があります。またそのような事例はひとつ残さず、民間の分も含めて実名で開示するべきだと思います。

むしろ「デジタル庁」と称するのであれば、基本的にすべての国が関わるプログラムくらいは自ら製作して然るべきです。国の基幹部分を手がけることになるだろうデジタル庁ですから、それくらいの人材は国内からかき集めて、高い国防意識をもったデジタルの精鋭集団として国のために尽力していただきたいと願っています。
自ら作ること、これが最大のセキュリティです。

報告/依頼内容
ページの先頭へ