コメントの問題報告 | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


コメントの問題報告

対象の内容

本提案を出している森松義喬です。
ただ、当社であろうと、TRCADEAC様であろうと、どの大企業様で有ろうと、血税を極力無駄使いしない、ことが前提となりましょう。
本音は「各県の知事」が窓口となるべき、と考えています。

今まで各資料館・各公文書館等や「学・民」に頼っていた「地域の古文書のデジタル化」に、
「官」による251億という予算化と、
「産」による「産・官・学・民」の結合。
技術を公開しようとしない全国の「産」が、「儲けすぎない、損しない」で史料のデジタル撮影で指導する(特に初年度)ことの提案。

全国の民家に置かれてある大量の古文書は、単なる民家の私有財産だけではなく、公文書としての役割もあります。公にするしないは
各県の判断となるでしょう。

ただ「古文書の崩壊」は国民的な危機です。
地方にある古文書が右から左に捨てられている現実を防がなければなりません。

そのデジタル化の一助として、当社の知識と経験を統一して全国のシルバー人材等に活かせれば、との一念です。
当社等が知識を共有させ「損を被る」事を承知で提案していることをご了解ください。ホームページ右側「参考文献」を参照

報告/依頼内容
ページの先頭へ