アイディアの問題報告 | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイディアの問題報告

対象の内容

SNSプロバイダーの消費者センターみたいなものを作ってほしい。

現在、いろんなプロバイダーの問題が、プロバイダーの判断以外でなにもできない状態になっています。

大きくわけて、2つですが、携帯電話会社とSNSプロバイダーです。

携帯電話については、消費者センターでもあつかってもらえるので省略しますが、SNSプロバイダーの問題は最近大きいかと思います。

にこ生などの迷惑系の配信者やYOUTUBERなどの暴走を止めないプロバイダーも多くそれをプロバイダーに通報や苦情をいってもまともに対応してもらえません。

かならず、警察にいってくださいといわれるのですが、警察は刑法の範囲での捜査をする機関であり、そこまでではなくてもネットストーカー行為、アカウントつぶし、風説の流布などとんでもないことがおこっているにもかかわらずなにもできない状態です。

私の件で言えば、にこ生で何年も実名、住所を言われているにもかかわらず、30分の中で本人が特定できる情報ではないとか株式会社ドワンゴは詭弁をつかい放置しています。

もう、いやがらせがはじまって5年になりますが、まだいやがらせをしている人物のアカウントはあり、つい最近でも、事実とちがうタイトルで生放送されてたようでした。

現在、株式会社ドワンゴの弁護士事務所には連絡するなとの通知と、メールでしか受け付けないとの書面がわたしのところに送られてきています。

犯罪行為は、株式会社ドワンゴの運営するにこ生上で行われているにもかかわらず、放置し有罪がでていてもそれは過去のことで、今後犯罪が行われた場合対処するとのことでしたが、まったく対処していただいておりません。

このようなときに、デジタル庁として、SNSプロバイダーの消費者センターみたいな部署をつくっていただきたい。

ツイッターにしても誹謗中傷がおこなわれていても放置されていたりして、女子プロレスラーの方がなくなったりしています。こういうときに迅速に国から働きかけてもらう機関が今後重要になってくると思いますのでなんとかそういうものを作っていただきたい。

報告/依頼内容
ページの先頭へ