アイデアの問題報告 | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデアの問題報告

対象の内容

「デジタル社会のパスポートのようなもの」と「最高位の身分証明書」の意味が分かりにくい

平井大臣の動画におけるマイナンバーカードの説明において、頻繁に「デジタル社会のパスポートのようなもの」と「最高位の身分証明書」という単語が出てきますが、分かりにくいと思いますので、ちゃんと意味を伝えたい場合、もう少しかみ砕いて説明した方がいいという提案です。



丁寧な説明の仕方の具体案として、

「デジタル社会のパスポートのようなもの」

「デジタル社会へのパスポートのようなもの」

「デジタル社会へ至るためのパスポートのようなもの」

「今の社会がデジタル社会へ至るためのパスポートのようなもの」

このように、私のこの言葉に対する解釈が正しければ、下に行くほど丁寧になると思います。
この言葉に関しては、なんでパスポート?とずっと疑問だったので、もう少し丁寧な表現がいいと思います。



また、もう一個の言葉については、まだよく分からないままで、
「最高位の身分証明書」の意味とは、

1.「行政手続きに際し、かつ、自分の身分を証明するに際し、身分証に関する法的な制度上の、最高位の身分証明書」
2.「社会で最も信頼されて扱われるべき身分証という意味で、最高位の身分証明書」

どっちかの意味だと思っていますが、1.の意味なら従来通り「最高位の身分証明書」でもいいかなとは思いますが、2.の意味の場合は「社会で最も信頼されて扱われるべき身分証」などそんな言葉を付け加えた方がいいと思います。
また、1.と2.の両方のニュアンスが含まれている場合は、「法的な制度上の最高位」かつ「社会的な身分証の扱いとしても最も信頼されて扱われるべきだ、という主張する意味の最高位」と、二つの意味をそれぞれ分けて、説明をするべきだと思います。

報告/依頼内容
ページの先頭へ