アイディアの問題報告 | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイディアの問題報告

対象の内容

国営の世論調査の提供と国会への反映

国会で審議中の議題に対して、是非を問う世論調査を国営で行っていただきたいです。
国会で議論された議題について、「賛成」「反対」「議論不急」「議論不要」の4択とし、
・賛成 +3
・反対 -3
・議論不急 -1
・議論不要 -2

の形で点数化した世論結果を国会に反映させてほしいです。
翌日の国会では、この点数の高い順番に審議を行います。
議論不要や反対の多い議論については即時打ち切りとし、まともな国会運営を目指してほしいです。

特に重要なのは、「議論不要」の選択肢です。
国家の危急存亡の秋に、細かい不正を審議している場合ではないはずです。
中国武漢での謎の肺炎が発生し、感染者を満載した豪華客船が日本に来るという時に、野党は安倍総理(当時)の追及ばかりしていましたが、これは国民の総意ではなかったはずです。
このように議論そのものを「不要」または「不急」であると国会に知らしめる仕組みを、国には提供していただきたいです。





最終修正 2021/1/13 21:31

報告/依頼内容
ページの先頭へ