アイデアの問題報告 | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデアの問題報告

対象の内容

国は国民に、企業の消費全て抱える

様な国作りシステムにならないでしょうか?国が全ての会社や国民の消費を抱えてもらいその一日の消費稼働が、国会議員公務員の給与にしてしまえば、格差で苦しんでる人達が一気に解消できるはずです。住む場所がなくて路地裏や駅や段ボールでくるまり、一日を過ごす人もいなくなります。仕事を失って明日食べさすことこれからどうしたらいいんだろうと、子供抱えて苦しい家族も救われます。自国通貨のある国は紙幣発行無限にできると聞いた事があります。そもそも、このお金のある世界って信頼の元に成り立ってるんですよね。信頼、安全保障がない国とその国にお金あっても取引できないですよね。今の日本って、国のみなさんも勿論企業の努力があって海外から信頼得たんですよね。長い時間をかけて人脈や、誠意でつくりあげたんですよね。なら、国から幾つもの出先機関通して国民に届けるのではなく、国民が消費稼働分を出先機関通して国にあげてしまえば無限に紙幣発行することで過剰なインフレになることは、ないのではないでしょうか?ベーシックインカムも考えたけど、長い未来を見据えるならお金の概念はあって無いようなものだと思います。だって、毎年の様に大きな自然災害があり国会議員住宅とか、できると時には何兆ものお金が動いてますよね。それをチェックする人はほんの一握りの国から要請なり選んだ人ですよね。正直紙幣発行国民のGDP以上に出てると思うんです。世界中が、各国民の消費稼働分を抱えてしまう1番のモデルケースに日本から発信出来れば世界からも貧困はなくなりませんか?

報告/依頼内容
ページの先頭へ