アイデアの問題報告 | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデアの問題報告

対象の内容

マイナンバーカードの顔写真

マイナンバーカードの有効期限が設けられている理由の一つに顔写真がある。いっそのこと顔写真の印刷を止める事でIC部分が壊れるまでカード自体を使える様にできないか?

有効期限は顔写真のデータを10年毎に国のサーバーにアップロードする事で延長する。(署名電子証明書の有効期限も自動で同じ期限まで延長する)

国が管理し許可された施設(役所・警察・金融機関・保険会社・携帯電話会社等)だけがIC情報を読み取る事ができ、アップロードされた顔写真を本人証明として閲覧出来る様にする。
これで個人情報流出を一つ減らせ、別人が他人のカードを不正入手して変装して悪さする事もしにくくなる。

あと運転免許証のあるあるで、気に入らない顔写真だと悩む事も無くなる。カード自体の更新回数が減ればカード発行コスト(製造・郵送)も下げられ顔写真のサーバー維持費に当てられるはず。




最終修正 2020/11/12 17:25

報告/依頼内容
ページの先頭へ