アイデアの問題報告 | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデアの問題報告

対象の内容

その日に乗って帰る自動車購入

国がやっている自動車登録についての改善提案です。
アメリカと比較します。
アメリカで新車を購入すると、その日に乗って帰ることができることと比較します。
日本はアメリカより約27倍ほど時間がかかります。
これは先進国のやり方とは程遠いものがあります。
原因は、雇用を守るあまり、新技術の導入に消極的だからです。
新技術の導入に消極性が大きくなるとガラパゴス化することとなります。
アメリカではナンバーを取得はディーラーが運輸局のコンピューターからナンバーをその場でもらえます。その紙をダッシュボードに乗せて乗って帰ることができます。
ナンバープレートは後で取りに来るか、宅急便で送ってもらえます。
日本の技術力でしたら可能です。
アメリカにはない車庫証明は、軽自動車の後出しをすると、アメリカのように、その日に乗って帰ることが可能となります。

この方式になると、お客は1000台ほどある中から自分が買う車を選んで乗って帰れます。
お店側も、その日ですべてが済んで、キャンセル等の労力がなくなります。

アメリカでは特殊な車やどうしてもそこにない車は今まで通りのやり方は日本と同じやり方です。ただ、その場で済ませたいのでほとんどがそこにある車を買っていきます。

整理しますと、
1。ナンバーの取得はその場でディーラーから運輸局へのアクセスでナンバーをもらう。
2。本人確認は免許証でやります。印鑑証明、実印は廃止。クレジット等の審査でも印鑑証明でなく免許証が使われるぐらい免許証の本人確認の精度は高い、しかも、車を買う人は免許証を持っている。
3。車庫証明は軽自動車の方式の後出しにする。
これでアメリカと同じようにその日に乗って帰れる自動車購入が可能となります。

報告/依頼内容
ページの先頭へ