アイデアの問題報告 | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデアの問題報告

対象の内容

地方IoT通信網の整備

IoTで解決したい比較的過疎となった地域での機器のメンテナンス・自動化において、
障壁となるのは使用に適した通信網がないことと、自営整備のハードルの高さです。
情報量が少ない2値情報などを扱う上では特小無線による通信などがコスト・通信距離的に有効であるものの、
自営で広く面的に機器を設置するためには、ゲートウェイの設置やランニングにコストもかかってしまい、
採算が取れないために企画時点で断念することが多いです。
また、通信事業者においても、LPWA関連の比較的少額の単価の低い通信には投資意欲がなく、これにも期待はできません。
人口が減少する中、電力・水道・ガスなどのインフラを維持するためには現場の省力化が必須と思われます。
サービス企画のリクエストに応じて山の上の鉄塔など見通しの優れる場所に基地局を設置していただき、
誰でも使用できるIoT通信網を作れば、インフラ維持・自動化整備だけでなく、
農業の自動化などにも利用できるため比較的土地の価値が低い地方の農業・工業的な価値を上げることができるのかなと考えています。
鉄塔など電力のグリッド部門との調整は必要になると思われますし、インターネットへの接続問題(光?携帯網?飛行機内インターネットで使用している衛星通信?)もありますが、地方のIoT基盤として国が主導して格安(端末モデム含む)の通信網を整備していただけると日本全体がもっと活気づくと考えております。

報告/依頼内容
ページの先頭へ