アイディアの問題報告 | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイディアの問題報告

対象の内容

【懸念】マイナンバーとGビズIDのデジタル界での二重行政化

・マイナンバー制度及び国と地方のデジタル基盤の抜本的な改善
について

経産省主導で進められている「GビズID」と「マイナンバー」の連携について全く世間で話題になっていないのを不安視しています。
「GビズID」は、「マイナンバー」制度に比べて一般の方に知名度はありません。
当職は職業上、GビズIDの運用に注視しています。
https://gbiz-id.go.jp/top/

「GビズID」は事業者向けのIDですが、社会保険等、様々な手続きを申請できるIDです。
大企業であるほど個人のデータを多数扱う可能性があり、決して一般の方に無関係ではないと考えます。

ところがこの「GビズID」はマイナンバーと違い、カードも秘密キーもなくID・パスワード・SMS認証だけでログインでき、当職はセキュリティを非常に危惧しています。
なりすましが容易に思えるのは杞憂でしょうか。
また例えばこのGビズIDを使用していた企業の人事担当者が、転退職した後、ID、パスワードは安全といえるのでしょうか。
どのように運用するのか、実務面が考えられていないように思います。

また「マイナンバー」と「GビズID」制度が並行して存在することでゆくゆくIT社会における二重行政が問題になるのではという不安もあります。


マイナンバーは「総務省」管轄
GビズIDは「経産省」管轄

で流れが全く別のように見えるからです。
マイナンバーとGビズIDを連携させることで、セキュリティの増強、データの一元化をはかれないものでしょうか?
今のうちに方針を決めておくべきだと考えます。

報告/依頼内容
ページの先頭へ