アイディアの問題報告 | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイディアの問題報告

対象の内容

プログラミング教育と一緒に、義務教育として、ブロックチェーン技術を学ぶ事を提案します

近年、デジタル社会化が進み、これからますますデジタル技術の必要性が増していく事が予想されます。
そして、子供達は、プログラミング教育を小学生なら、2020年から始めました。
そのプログラミングの授業の時に、ブロックチェーン技術を小学生から、優しい言葉で、教え始める事を提案します。
そして、小学生から、学んで、学年が上がるたびに、だんだん詳しく教える事で、中学生や高校生の頃には、直感的に理解できる子供も出てくるでしょう。
ブロックチェーン技術は、これからインターネットの様に、今後、10年程かけて、世の中に普及していく事が、ほぼ確実です。
あらゆる売買に関わることが、この新しい技術と考え方のブロックチェーン・プロトコルによって、信頼が約束され、自動的に契約が、完了する社会が実現されていきます。
日銀も、来年の2021年は、ブロックチェーン技術を使用した、デジタル円の実証実験を予定しており、世界がデジタル通貨へ変わるのは、止められない流れを予感させます。
このままでは、日本は、増大するブロックチェーン人材の需要に答えられず、ブロックチェーン人材が、不足する事でしょう。
学校で、義務教育として、ブロックチェーンを教えていくことで、優秀なブロックチェーン人材が企業に入社していき、DX改革の一環で、ブロックチェーン化を進め、ブロックチェーン・システムを構築するだけでなく、メンテナンスもできる様になる事でしょう。
ブロックチェーン技術を学ぶ事は、将来インターネットを学ぶ事と同義になると予想します。
他にもデジタル技術は、あるのですが、ブロックチェーン技術は、頭一つ抜けた、新しいデジタル技術を包摂する技術となります。
世界で日本が勝負できるようになるためにも、早い時期からブロックチェーン技術を学び、理解するブロックチェーン人材を育てるべきです。
どうか、ブロックチェーン技術の義務教育化を、ご決断下さい。

報告/依頼内容
ページの先頭へ