アイデアの問題報告 | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデアの問題報告

対象の内容

クラウドファンディングの中央省庁版

民地方公共団体やNPO・大学などにクラウドファンディングが少しずつ浸透しています。寄付金の用途が明確化されているので、寄付者のモチベーションや社会貢献意識に直結します。それに、寄付を集める事業体も「財務の効率化」「なぜ大事かアピール」するインセンティブがあり、事業の見える化と市民との信頼関係の醸成に寄与しています。中央省庁の抱える事業も、同じようなクラウドファンディングのプラットフォームを立ち上げてはいかがでしょうか?

「医療従事者に一時給付金を!」「オンラインの震災アーカイブを構築したい」「デジタル人材の中途採用を増やしたい」「研究者支援の基金を増強したい」など、国民が寄付したくなりそうなプロジェクトを各省庁が考え、競わせる形になります。予算のついている各プロジェクトの「財務の見える化」「国民への分かりやすい説明・アピール」「国民の関心」が進む契機になればいいかな、と思います。

報告/依頼内容
ページの先頭へ