アイデアの問題報告 | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデアの問題報告

対象の内容

複数生体認証「のみ」による本人認証

何も覚えず何も持たず本人がそこにいるだけで認証できる、ということこそが、究極の本人認証です。暗証番号やICカード等を一切使わず、複数の生体認証だけで本人認証ができる仕組みを、番号制度に組み込んで頂きたいと思います。

顔認証のみ、指紋のみ、等ですと、日本人全員や世界全員の認証には精度が足りません。が、複数の組み合わせにすることでその精度は上げることができます。顔、指静脈、指紋など、3〜4つを組み合わせれば、他人受容率100億分の1(世界全員中で唯一人だけを間違いなく識別できる)くらいは可能でしょう。

これが実現すれば、診察券もポイントカードも定期券も社員証も学生証も運転免許証も保険証も資格証も家の鍵も車の鍵も貸し金庫の鍵もキャッシュカードもクレジットカードも映画チケットも切符も現金もスマホもマイナンバーカードも印鑑も、本当に何も持たずに何でもできるようになります。

もちろんそのためには、オンラインで生体情報(そのものではなく特徴量)を保持する必要があります。それをクラックされる危険は常にありますが、これも程度問題です。その可能性が一定限度以下であり、且つ後からでも改ざんが分かった時には訂正でき、改ざん者を厳しく罰するように技術と法を整えておけば、許容されるべきです。

報告/依頼内容
ページの先頭へ