アイデアの問題報告 | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデアの問題報告

対象の内容

具体案を検討しましょう。

事務局様へ

 先程メールにてお送りしさせていただきましたが「課題をひとつひとつ丁寧
に解決する」ということが大切であると、多くの国民が思っており、方針決定
段階で、どうどうめぐりをするような感じなので、天才的な人が具体的な施策
を提示し、それに関して議論をしていくという方向性を提案しております。

 例えば、高名な東大教授でさえ「SDGsの17項目は多すぎるので、考えずらい、
8項目に減らし、一つ一つを丁寧に考えていましょう。」と言っておられたので、
「それは最初から何もしないと同義です。」としかりつけたことがありました
が、日本の伝統文化なので、啓蒙しきれるものでもないような気がしています。
(高度成長時代までは良く作用し、成熟社会では悪く作用しているようです。)
 
EX1:種々の改革を行う→各担当の分科会作りから始める=X
EX2:解決課題が多い→減らして(統合して)から考える=X
EX3:デジタル社会を構築する→広く国民の意見を求める=X

→全ての課題をクリアーする具体的な(理想的な)将来像を天才達が描き、
細部を優秀な人達(デジタル庁事務局様)が構築するスタイルが必要。

 また、下記のごとく進むべき方向性を示しています。

<仮国家の大計>

 暮らしやすいEV(滞在型EV)にて自動運転レベル6(EVが意思をもつ)にて、
多くの人が生活し、また人事&勤務管理が可能で、仕事効率3倍になる「自撮り
顔動画が出勤するAI電子出勤システム」の導入によって、オフイスや家が余り、
その跡地に、天軸型太陽光発電システムやEV蓄電池交換ハウスを設定し、地産
地消型の温室効果ガス0社会を2050までに達成する。
 特に、高齢者・障害者がレベル6の滞在型EVで暮らし、行きたいところに行
き、ケアセンターや病院などに、人を介さず行くことができようにすることで、
介護に関する負担を解消する社会を達成し、さらに以上の各種機器を日本全国
の各市で製造・輸出することで、地方創成とJAPAN AS NO1を達成する。

 以上のような内容を、メールで詳しく書いておりますので、ご検討いただき
たく、お願い申し上げます。

 なにとぞ、よろしくお願い致します。

報告/依頼内容
ページの先頭へ