アイデアの問題報告 | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデアの問題報告

対象の内容

GoToイートの横断検索

気を失うほど、店が探しにくい。
焼き鳥を食べたいと思っても、15サイトに分かれているので、行きたいエリアに見つからないと、最悪15個もサイトを見て行くハメになる。

○○という予約サイトを使いたいんじゃない、メシを喰いに行きたいんですよ。
情報をまとめて、15サイトを横断検索できるようにして、結果は地図上に参加店の方をプロットして欲しい。そして、検索して、店を選んだら、使える予約サイトの一覧が判るようにしてもらいたい。

定額給付なのも、状況にあわない制度設計です。
満席・行列を回避すべき状況下での飲食店への支援なので、少人数で客単価を上げる方向が必要。

定額だと、できるだけ安いメニューを上限に近い人数になるように使うと、還元率を高くできる。そうすると、客は増えるし、客単価は低くなってしまう。もしくは、1000円の定食なら、期間中は初回1000円で毎日無料の定期券を配っているのと同じ。

例えば、ランチ10%、ディナー20%還元くらいの定率にして、還元額の上限を500円、5000円くらいに設定する。
それなら、還元50円のワンコイン・ランチじゃなくて、5000円のランチコースを選ぶ方が還元額は増える。
夜は、高めのワインを開ける事などを期待して、上限を高めに設定する。飲み放題は対象外。あと、15時からディナー食うヤツはいねぇ。早くても17時からを対象にすべきでしょう。

予約サイトを通すなら、サイトごとに期間中1店舗1回のみを還元対象にすれば、多少の重複は生じるものの、異なる店に行く動機付けにもなる。

こんな事だから、何年経ってもバター不足が続くんですよ。プンプン

報告/依頼内容
ページの先頭へ