アイデアの問題報告 | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデアの問題報告

対象の内容

自治体が面食らわないように舵取りを

デジタル改革を行う時は自治体に対する舵取りを丁寧にすべきです。

悪い例が、マイナポイント。今一つなのは、人災です。事務局の自治体を動かす腕が最低でした。

・マイキーIDという文言を唐突になくしてマイナポイント予約と言い始める。
 住民への説明を急に変えるのどれだけ大変か知っていますか?という話。

・住民に配っていたマイキーIDを唐突になくす
 既にマイキーIDを作って配った人と、作らない人2つに分けると案内が混乱します。
 最初から言ってください。

・ある日突然サイトのデザインを大きく変えて作ったビラを無駄にさせる。
 デザイン変えるとすべての説明資料やホームページ作り直しです。

・補助金は追加や増額はないといいながら、突然基準額を2倍にする。
 もう補正予算に間に合わない日程で金を使えと言わないでください。最初から示してください。
 最初から示してくれれば業者に委託できたんです。

と、とても混乱をさせてくれる事務局さんで、全国の自治体は大変迷惑を蒙りました。

こういった悪い例を反面教師に、デジタル改革を進めていただきたいと思います。

報告/依頼内容
ページの先頭へ