アイディアの問題報告 | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイディアの問題報告

対象の内容

「申請しない方がマシな助成金」をデジタル改革で一掃してください

最近、SNS上でテレワーク助成金の利用困難さが話題になっております。
詳細は検索して読んでいただくとして、要約すると
・春に申請して10月に承認された(遅すぎる)
・10月の承認直後に機材購入したが、1月の今、まだ助成金は振り込まれない(遅すぎる)
・中小企業にとって、助成金振り込みの遅れはキャッシュフロー破綻のリスクが大きい(助成金申請しない方がマシ)
・購入したテレワーク機材の送付先を個人宅にしたことで事務局から問い合わせを受けた(職員が世間知らずである)
・助成金の要件が複雑であることも利用困難さの原因である
・特に「承認前に購入したものは対象外」という要件は、社会的義務を果たすべく迅速にリモートワーク化に着手した善良な企業が助成されないという結果を招いている
とのことです。

このような「申請しない方がマシな助成金」をデジタル改革で一掃していただきたくお願いします。

具体的手段は問いませんが、個人的な意見としては、最低でも「受理前に購入したものは対象外」という要件は外し、代わりに「2020年4月の緊急事態宣言以降に購入したものであれば対象とする」と改めていただきたいと考えます。

報告/依頼内容
ページの先頭へ