アイディアの問題報告 | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイディアの問題報告

対象の内容

多様なもののデジタル化と共に視覚障害者の雇用促進を

今後様々なものがデジタル化するとパソコン、スマホが必須になってきます
視覚障害者の中にはまだまだガラケーを使用していている人も多いです
今後、ガラケーでできることはほとんどなくなると思います
ガラケー自体がなくなりますからね
そしてガラケーを使用しているほとんどの人は日常生活用ぐで拡大読書機や音声読み上げ機などを使用しています
しかしiPhoneやiPadであれば、基本的な操作方法を覚えアプリを使用することにより視覚障害者用の補助機器ができる事のほとんどが一台のデバイスでできるようになります
iPadをまずは日常生活用ぐの給付対象認め
行政で視覚障害者を雇用し、その使い方を視覚障害者当事者に教えると言うような仕事を作ってもいいのではないかと思います
デジタルに弱い視覚障害者も一定数いますが目が見えている人よりデジタル機器を使いこなせている視覚障害者も一定数いることも事実です
今後色々な書類の申請などもデジタル化していくと思いますその際の問い合わせのカスタマーセンターなどにも視覚障害者を雇用し視覚障害者からの問い合わせに対応してもらうなど様々な仕事が作れると思います
他の障害に比べ視覚障害者の求人は絶対的に少ないです社会のデジタル化が進み情報から取り残される視覚障害者が一人でも減りデジタル化が進むことにより視覚障害者のマッサージ以外の雇用が増えることを願います

報告/依頼内容
ページの先頭へ