アイデアの問題報告 | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデアの問題報告

対象の内容

本人認証のポータルサイトと複数要素認証

本人認証はデジタル庁が提供するSaaS(インターネット経由のサービス)にして審査されたサイト(官民学)にセキュアにつなぐ、SaaSサービスが持つ個人情報は本人の許可の下で審査されたサイトに提供される。
·認証において審査されたサイトが求める本人認証のレベルに応じて生体認証及び記憶などの複数要素で認証する。
·記憶は、AIチャットボットを利用して登録された問答を利用する。音声データの特徴も記憶する。
·認証は記録されて、その履歴は関係者が参照できる。
·審査されたサイトのなりすましを防止する対策を施す。手口は巧妙化するために対策を継続して検討して運営する。
·本人認証の登録には厳格化を求めて運転免許の登録·更新のような公的審査の機会に行う。
·記録の記録はなりすましを防止のために真の答えをフェーク(NG)にすることも可能とする。
·記録は複数登録しておき、チャットボットがランダムに質問する。
·本人認証サービスは、基本的な個人情報と規定された項目名の情報を任意で登録できる。後続のサイトに情報提供は本人の許可が必要とする。

報告/依頼内容
ページの先頭へ