アイディアの問題報告 | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイディアの問題報告

対象の内容

携帯料金メインブランド(3社)値下げ&新プランについて 「楽天モバイル、サブブランド等を除く」

携帯料金メインブランド(3社 NTTdocomo、au、ソフトバンク)値下げ&新プランについて 「サブを除く」
NTTdocomoがahamaを発表しました。 しかし、メインブランドの値下げについて発表されていない。
2020年12月9日のau新料金プランを見てガッカリしました。auから「Amazonプライム」付き5G新料金プラン、月9350円~ (ケータイ Watch)のプランです。消費者、ネットなどで信頼を落としました。私も期待外れの値段でした。
出来れば、NTTdocomo、ソフトバンクのメインブランドの値下げ&新プランの大きな値下げ(500円~1000円程度で無く 大きな値下げ)、期待する新プランを発表と期待が出来るように願います。スマホ通信、通話料金、障がい者割引等が安く出来るように調整を願いします。

今回のアイデアは、携帯料金メインブランドの値下げです。楽天モバイル、サブブランド、格安スマホ等を除きます。
今後、携帯料金メインブランド(3社)が消費者、ユーザー、ネットの人に期待を出来る値段が出来るの願います。
auの料金見直し、NTTdocomo、ソフトバンクのメインブランドの値下げ&新プランを期待されるの願います。NTTdocomoがahamaの縛り撤廃、使える端末を縛りを辞めて欲しい。 今後、楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT V」のアンテナ設置強化&楽天モバイル以外通話料金かけ放題プラン発表して欲しい。

アイデアボックスの声、皆さんの声、アンケートの声を届けたいです。 ぜひ、デジタル庁、総務省、縦割り110番、内閣府、消費者庁、菅総理大臣、武田大臣、平井大臣に届けたいです。指導と改善を出来るように国が動いて欲しい。

賛否ありますがよろしくお願いいたします。

報告/依頼内容
ページの先頭へ