アイデアの問題報告 | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデアの問題報告

対象の内容

コンピューターと金融決済の親和性・コンソーシアム

国の行政に一般の人からの投稿(提案)の機会が設けられましたのは金融機関関連で今回、始めてでしょう。
コンピューターの機能(計算)と金融は数値(数)を扱う上で非常に親和性(相性のよさ)がよく、プリペイドカード(前払い・Suicaやnanaco等)、デビットカード(即時払い・銀行預金口座)、クレジットカード(後払い・預金口座)、ATM(現金払い・現金自動預払い機)の4種類は住まいが大都市・地方、年代により人によってバランスよくサービスが受けられる構成が望まれます。自分の預金口座・ポイント等の一覧表示・ネット上の資金移動、商品決済、ATM使用にドライブレコーダー(本人確認の映像保存)など、行政の立て割りに横断的な・一体的な取り組み、人・企業参加のコンソーシアム型(組織や人の集団)が望まれます。キャッシュレス決済の普及により「金融機関の普通預金の利用が認知され(デビットカード・手数料)の金融機関の収入が見込まれ、ATMの経費にもまわせます。
今までは経済産業省・金融庁による官主催の審議・答申でした。
近くでは、1年前の2019年(令和元年10月1日の消費税率引上げに伴う需要平準化対策として、「キャッシュレス決済を使ったポイント還元等」、3年前のFinTech(フィンテック)、金融(Finance)と技術(Technology)を組み合わせた造語がよく使われました「銀行法等の一部を改正する法律案(電子決済等代行業者の関連)」は、金融庁関係が6種類・審議33回、経済産業省関係が2種類・審議15回、2年と3か月の計38回に亘り審議会が開かれました。結果、電子決済等代行業を営むに際しての金融機関との契約締結等を求めることで決着しました。15年前の2005年(平成17年)偽造キャッシュカード問題(磁気ストライプカード)は審議会(スタディグループ)19回に亘り(ICカード・生体認証カード)を答申しています。
今回の「生活者・事業者の声」・「.IT業界の声」とう一般生活者の声をどれだけ取り入れられますのか楽しみです。

報告/依頼内容
ページの先頭へ