アイディアの問題報告 | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイディアの問題報告

対象の内容

国は全国でパソコン喫茶を運営する(国がオンライン国家試験などに使えるパソコン利用施設を確保する)

試験などをオンラインで実施する際にはパソコンが必要になります。
そして、そのパソコンは、受験者が不正出来ないように環境が整えられている必要があります。
そして、セキュリティー的に、誰かが定期的にそのパソコンを点検している環境の方が望ましいでしょう。すると、試験などで使われるパソコンは、多くの人に利用されて、パソコンを管理することに高い経済的価値がある状況が望ましいと思います。利益をセキュリティーに回せるからです。私は、セキュリティーにはお金を掛ければ掛けるほど良いセキュリティー環境が実現できると理解しています。

以上の仮定を踏まえて、国がオンライン試験などにパソコン利用設備を整えたい場合、何かの公的な試験会場以外の用途に利用するとき以外はパソコン喫茶を運営して、経済的付加価値を利用した高いセキュリティー環境下のパソコン施設を用意することを提案します。
ちなみにですが、別に非常時に100%の施設を使えるようにしろとは言っていません。そこは、必要な分だけ使えるように時勢を読んで工夫してください。


オンライン試験とは言っていますが、当然、試験官などは各会場に必要です。
そして、このパソコン設備は、パソコンを利用する部屋をパーティションで分けたり個室化すれば、ウィルスが蔓延している非常事で、例えば全国共通試験をオンライン化した際でも利用できると思います。この用途は@05483のアイデアを参考にしています。
コロナ下に限っての話ですが、試験会場が少ないことが、人を密集した環境下に放り込まなければならない状況を作っていると思います。

他の使い方としては、高齢者のためにパソコンを簡単に利用できる環境を用意するという意味でも、国のパソコン施設は使えると思います。この用途は@03260で提案しました。

国が予算を使い切りたいという欲望があるらしいので、無駄に体育館を作るなら、公的なパソコン喫茶を運営するとか(飲食部分は民間に任せるとか)、そうやってデジタルデバイドを無くす工夫をしてほしいです。

報告/依頼内容
ページの先頭へ