アイデアの問題報告 | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデアの問題報告

対象の内容

オランダが、ITを使い、医療費の削減にした、2つ政策提言が、あります。

オランダが、ITを使い、医療費の削減にした、2つ政策提言が、あります。

その1、 共同通信の記事、財務省が、75歳以上の、医療費を2割負担に引き上げると、「大反対です、だいたい有権者で、投票率が一番高いのは、60才台と70才台です」、「次回選挙で、自民党は大敗北しますよ」、共同通信の、電子版記事。タイトル名、財務省、2割負担、「広範囲に」、75才以上の医療費。

朝日新聞の、電子版記事。タイトル名、医療のカイゼン、オランダ先行、官民が連携、データ活用。

アムステルダムで、家庭医をしている、バート メイマン さんの診療所。診察室で、PCをみて、「今はこれを通して、病院での検査の結果や、薬局での薬に関する、情報を見る事が、出来る」と話した。「家庭医、病院、薬局 など、みんなが診療録」や、薬の処方箋などの情報を、PCで見られる、ネットワークだ。X線検査の放射線被曝や、複数の薬の服薬による副作用などが、指摘される中、不必要な検査や、大量の薬の投与を、防ぐ。

オランダが、取り組みを加速させたきっかけは、国の財政悪化だ。2012、2013年に、マイナス成長に陥り、ウィレム アレキサンダー 国王 は、議会で「20世紀型の、福祉国家は終わった」と演説。柱の一つが、医療情報のネットワー化、過去に医療情報を、国の主導で管理する事に対して、プライバシー保護の観点から、反対の声が上がり、同様の計画が頓挫した経緯があった。

新計画では、民間組織を設立、ネットワークを、運営する方式に変更。ネットワークへの、医療情報の提供については、「国民一人一人の、同意を必要とする」ほか、「自分の情報を医療機関などの、第三者が見た場合には、記録が残り、国民の側から、確認出来る、仕組みを入れる」など、対策を強化した。人口約1700万人のうち、約1300万人が、同意している。

その2、 IT化する時の、財源として、「電波オークションを、実行するべきです、OECD加盟国 24ケ国」で、「電波オークション」を、やっていないのは、日本だけです、「米国では、T―MOBIL USA社 が、約2兆1千億円で、入札した」、「ドイツでは、最高額が約8000億円」でした。「電波オークション 米国 ドイツ」で、ヤフー検索して見て下さい、記事が大量にあります。

菅 総理大臣 に、このメールを、印刷して、直接手渡して下さい。

報告/依頼内容
ページの先頭へ