アイデアの問題報告 | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデアの問題報告

対象の内容

書類の改竄防止とその一般へのサービス化

ハンコをなくそう、という運動が進んでますが、問題になるのは「その書類が改竄されていないか」の証明だと思います。

「ハンコ」のかわりに、例えば書類ファイルにサインの画像や印鑑の画像を貼り付けるのはよく使われる方法ですが、その場合この書類が正しいサイン・印鑑なのかの証明が難しく、今は電子署名の技術(主に外国メーカーや大手企業の制作物)を用いて対応してます。
これは公文書だけでなく、日常の商習慣などで使われる発注書・請求書などでも使われます。

国および自治体の分散されたコンピューターをつかってブロックチェーンを構築し、書類のハッシュ値を台帳に記録すれば、書類が改竄されていないことを証明するシステムを比較的容易に構築できると思います。
ブロックチェーンへの参加ノードを政府及び自治体で構築することで、ノードの数をある程度確保すること(自治体の参加により万が一政府などの恣意的な操作への監視にもなる)、不誠実なノード参加と乗っ取りによる台帳の不正書き換え、も防げると思うので安全です。

そして願わくば、個人法人に対しても、このサービスを無料で公開してくれることを希望します。
マイナンバーまたは企業コード+書類番号に対して書類ハッシュをペアにして台帳記録・参照できるサービスを公開していただけると、我々国民の日常商習慣などで必要な書類のほとんどをインターネットでの送受信で済ますことが可能になり、効率的な世の中になっていくと期待できます。
一般人がつかう文書の証明など他国でも例を見ないですが、書類の証明関係を国に担保してもらう、というサービスは、全ての企業・個人が便利になるはずです。税金で構築するに値するのではないでしょうか。

報告/依頼内容
ページの先頭へ