アイデアの問題報告 | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデアの問題報告

対象の内容

「デジタル庁」のイメージは?

「デジタル庁」構想ないしデジタル改革関連法案について、お役人と政治家に一任するのではなく、意見を述べていいのではないか、と思いました(場違いならゴメンナサイですが)。
 「デジタル庁」で検索したところ、10月15日正午現在の投稿は約160件(総数約1500件の1割強)ですが、「デジタル庁」の具体的なイメージに関わる意見は少ないようです。

 そこで、
①「デジタル庁」の対象領域は?
 ・中央府省の行政手続き関連システムの改善・改革
 ・部内システム(業務系、予算管理、人事給与など)も含む
 ・外郭団体も含む
 ・地方公共団体まで
 ・教育・医療・エネルギー・運輸交通・防災防犯など社会経済インフラまで

②「デジタル庁」の所管範囲は?
 ・既存システムの維持管理・改造保守とDX移行
 ・DX化のシステム基盤に関すること
 ・政府系システムに採用する標準技術仕様の策定
 ・システム調達と契約の実務
 ・プロジェクト管理
 ・プロトタイプを含む開発実務
 ・IT/デジタル化施策の立案
 ・IT/デジタルが関与する法制度全般

③どのような権限を持つのか?
 ・全府省のIT/情報管理部門・予算を統括できるようにする
 ・全府省のIT/情報管理部門をデジタル庁に統合する)
 ・主導的な役割は共通部分(データ構造や外字処理、セキュリティなど)に限定し、実務は各府省に任せる

 まだまだテーマはあると思いますが、長くなるのでこのあたりで止めておきます。
 全府省を牽引する強い権限が必要、という意見もあるでしょう。いやぁ、それは非現実的だ、という意見もあると思います。全府省の全府省のIT/情報管理部門・予算を「デジタル庁」に集約したら、小回りが利かなくなるどころか、庁内で縦割りの弊害が顕在化して二進も三進も行かなくなるかもしれません。
 ともあれ、以上のようなことについて、意見交換が始まると、共通認識が形成されると考えています。

報告/依頼内容
ページの先頭へ