アイデアの問題報告 | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデアの問題報告

対象の内容

マイナンバーの活用をもっと自由に!!

【現状】
マイナンバーは、各自治体が全国共通で利用できるユニークコードで、ホスト時代の自治体が待ち望んでいたものだった。しかし、でき上った全国共通ユニークコードは、法律で利用範囲が制限され本当に使い勝手が悪い。
今や、法律を追いかけて活用しようという人も少数派になってしまった。

【活用できなかった理由】
特定個人情報となり利用を法律で厳しく制限されているから。

【要望】
マイナンバーを特定個人情報から個人情報に変更し、組織内では住基情報と同じようにある程度自由に活用できるようにしたい。

【未来】
・マイナンバーが自由に活用できるようになり、マイナンバーカードのID情報が全ての人に行きわたれば、申請手続きで紙を使うことが減り、内部事務も効率化される。
・IDの持ち方は、マインナンバーカードに限らず、スマートフォンアプリを柔軟に活用し対面、非対面でも内部事務は紙を使うことなくデジタルで完結。
・全てオンラインということではなく、窓口での受付も残しつつIDの活用で、誰も取り残されない社会を実現できる。

報告/依頼内容
ページの先頭へ