アイデアの問題報告 | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデアの問題報告

対象の内容

市民参加のためのオープンガバメントプラットフォーム

ホワイトハウスの we the people や、マドリード市の decide madrid のような、議論・提案・予算付けなど含めて国のみならず地方自治体も含め、市民参加が可能となるプラットフォームが作られるとよいと思います。

市民からみれば、このアイディアボックスのような意見を交わす場が作られるほか、これらの意見から陳情、あるいは、一定数以上の賛同があれば議員がつなぐ運用ができれば、議員の紹介による請願も可能になり市民参加が活発になると思います。

一方で、こういった機能があることによって、行政には意思決定の透明性や説明可能であることが(これまでと同様に)求められますが、市民の提案として生に近い声をより集めやすくなるメリットがあります。

このようなプラットフォームが、例に挙げた以外にもいくつもあると思いますが、 decide madrid の例を出しました。当初からgithubでコードが公開されており、現在は consul ( https://consulproject.org/en/ ) というツールとして、スペイン語圏中心に利用が進んでいるようです。
おそらくはこのような仕組みを運用していくためのノウハウや課題といったものがすでに抽出されていると思いますので、我々に合うようなものを仕立て上げる筋道は立てやすいかもしれません。

このアイディアボックスを見ても、これまでどこに言えばいいのかわからない意見を持っていた人がいたのは間違いないわけです。こういった市民参加の仕組みをデジタルに用意し、オープンガバメントの取り組みを一層進めていくことを期待します。

報告/依頼内容
ページの先頭へ