アイデアの問題報告 | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデアの問題報告

対象の内容

所得倍増計画から消費倍増計画へ

★「所得倍増計画」の論法は「憲法第二十七条:すべて国民は、勤労の権利を有し、義務を負ふ。賃金、就業時間、休息その他の勤労条件に関する基準は、法律でこれを定める。」に基づく「自助」の獲得である!

★戦後期の憲法とは申せ、企業経営環境は激変!

★その典型例がDX(デジタルトランスフォーメーション)であり、その本質は「企業経営の自由化」であり、最高レベルは「労働者の排除」である!よって、それを容認する見返りとしての「先制攻撃」が「共助」の獲得である!

★世界各国の「個人消費者C」は団結して「消費者集団Cs」を結成せよ!(日本は一億消費者集団)
「(仮称)消費者主権基本法」の前文:各種課題(内需拡大や経済成長や財政健全化(国債発行・国民年金・医療保険・介護保険)や貧富格差・・等々)を解決する権利と義務は国民(一億消費者集団)に存在する!
第1条:B2C取引する個人消費者集団Csは「Bの年間総売上の一部=共助」として返還させる権利を有し「決済=自助+共助」で年度内に全共助を使用する義務を課す!

★デジタル庁予算368.1百万円、うち情報システム関係予算(一括計上経費)286.8万円を含む
社会全体のデジタル化をリードする強力な司令塔組織として、「デジタル庁(仮称)」を設置し、デジタル社会の形成に関する総合的かつ基本的な政策の企画立案や政府情報システムの一元的管理とともに、高度な知見を有する民間技術者等を採用し、ベース・レジストリの整備・・デジタル社会の実現に向けた施策を推進・・云々

★尚、現在「情報通信技術(IT)総合戦略室」と「デジタル庁:デジタル改革関連法案準備室」は同じ03-3581-3432

★ベースレジストリ(公的機関等で登録・公開され、様々な場面で参照される、人、法人、土地、建物、資格等の社会の基本データ)

★国税庁⻑官官房総務課情報公開(個⼈情報保護室03-3581-4161)に電話!対応した若者に「創設する一億消費者集団が企業から獲得する「共助(返還金)」を説明後、2040年度から国税が作成すべき「可処分所得=年収-納税額」に基づき{低所得者層優先のベーシックインカム的「共助」の分配}を{高所得者層に納得させる「国税還付」}で{「貧富融合」を図る}予定である・・云々

★いずれにせよ、個人別可処分所得を一覧可能なDB(データベース)は存在しない!

報告/依頼内容
ページの先頭へ