アイデアの問題報告 | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデアの問題報告

対象の内容

低賃金労働者の就業時間制限

近年多くの新しいアイデアによる起業が行われました。その中で二輪車等による宅配などが出てきています。開始当時はシェアリングエコノミーと言われ、空き時間にする副業のように言われました。しかし時が経つにつれて他の就業形態からあぶれてしまった人達が専業のようにする仕事になってきています。この事は、仕事が他に選べないと言う仕方ない状況でもあるにしても、社会の中で貧困と分断を固定してしまう懸念があります。日本ばかりでなく他国でもその状況は既に現れています。

政府は経済を回す為に色々な場面でお金を配布していますが、こうした低単価長時間労働に人を固定しない為にもお金を投じていただきたいと考えます。まずは就業時間を5時間や6時間に制限してそれを金銭的に補う、そして余った時間は職業訓練や通信制で学ぶ等を進めててはどうでしょうか。交換条件でも構わないと考えます。特に若い方々の勉強時間は個人としても国全体としても大切なものです。低賃金で長時間労働は可能な限り抑制して欲しいのです。

報告/依頼内容
ページの先頭へ