アイデアの問題報告 | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデアの問題報告

対象の内容

公務員試験の見直し

現代においてPCや情報端末を使用した業務は技術職に限らず日常的に行われており、それらITスキルは現代の「読み書きそろばん」とも言えます。にも関わらず、公務員試験等ではその「業務に必要不可欠な基本的スキル」を問われることは無く、PCの基本的な操作で右往左往する職員が少なくないのが現状です。住民の個人情報などがデジタル上で管理されることも多くなったことから、ITスキルの欠如は行政への不信感となり、マイナンバーカードの普及停滞といった結果に繋がっているように思います。

そこで、新規職員の採用試験においては、ITスキルを何らかの形で評価に加えることが必要だと考えます。
それと同時に、現役の職員に対しても同様にITスキルを審査する仕組みが必要です。基本的なスキルを有していない人に、意思決定や評価、個人情報の取り扱いをさせるべきではないと思います。

個人的には、自治体では過去の記録や個人情報などの大量のデータを管理する業務が多いことから、特にデータベース関連の知識が必要だと思っています。紙の帳簿に書き込んで、それを集計して…といった前時代的な作業は刷新されるべきでしょう。

報告/依頼内容
ページの先頭へ