アイディアの問題報告 | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイディアの問題報告

対象の内容

建築生産プロセスの電子化

建築の生産プロセスは非常に電子化が遅れています。設計・建設分野ではBIMやロボットなどICT技術の導入によってデジタル化が進みつつありますが、行政手続きの大半が紙とハンコベースになっており、確認検査機関や自治体、消防など様々な行政機関の間を押印した文書・図面で持ち回っているのが現状です。 また、民間プロジェクトでは図面のやり取りなどはすでにPDFでクラウドなどを介して行われているのに、官庁プロジェクトではA1サイズの紙図面に押印して提出する必要があり、クラウドにも後ろ向きですし、建築士法などで(原則紙に押印した)図面の15年保管が義務付けられていたりと、目的と手段が今の時代に全く合っていないと感じます。建築士免許もICカード化しているので、それを有効活用し、図面もデジタル情報として電子署名を行い、行政間を電子データで持ち回って許認可などをしていただければ、かなり効率的になりと思われます。 このように建築業のデジタル化は官や法律が障壁となっている箇所が多々あります。建設業が世界と戦っていくためにも、前例にとらわれずDXを断行していただきたいと思います。

報告/依頼内容
ページの先頭へ