アイディアの問題報告 | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイディアの問題報告

対象の内容

緊急事態宣言後の学校授業について

緊急事態が発令された現在、子供たちが学校にいくのは問題を感じます。

少なくとも学校に行かなければいいことなんですが、当然学校にいかないと授業が受けられないという問題があります。

いちおう、学校を休んでも欠席あつかいにしないとありますが、デジタル庁が設立されたんなら、授業のネット配信はできるようにされたらどうなんでしょうか?

全家庭でできるとはおもいませんが、にこ生、ツイキャスなどのようなアプリケーションを早急につくり、簡素な、WEBカメラでも教室に設置できる法律なり、設置許可などを国として取り決めれば、完全な授業体制でなくてもある程度、勉強したい子供が勉強できる体制を整えてあげるのは大切なことかと思っています。

コロナがはじまってから、ある特定の授業を小学校から、大学まで、無料でネットでみれるようにしたらどうかと思っていました。

小学校から大学までの最低限のカリキュラムを一通り、いつでも勉強できるようにしたら、教育水準もあがると思います。

ここで、大事なことなんですが、日本語で授業をやる(英語授業などは例外)としてネットで無料で公開すると世界中の人が勉強できます。このほかに各言語ごとに日本語授業を無料でできるまでできたらたいへん有意義かと思います。

わたしは元々、技術系全般をやっていました。また海外で働いていたこともあります。

海外の人が日本の留学や研修などにいかないと日本語の技術に触れることはなかなかないです。

もし日本語で技術を勉強していただければ、日本の図面や設計書などを海外の人も日本語でやるようになるんです。

教育はお金をとらないといけないんでしょうか?日本の教育を日本の子供たちのために無料で勉強してもらったほうがいいのではないんでしょうか?

そして、外国の方にも無料で勉強していただければいいのではないんでしょうか?

当然学力検査については、大検などをとっていただければいい話であって、勉強できる機会はみんなにあたえてもなにも国として損することはないと思います。

報告/依頼内容
ページの先頭へ