アイデアの問題報告 | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデアの問題報告

対象の内容

国営の陸・海・空ナビゲーションシステムを導入しようぜ 2/2

[国営の陸・海・空ナビゲーションシステムを導入しようぜ1/2からの続き]
[人工衛星通信・次世代高速通信等の相互通信を利用するなどの発展型]
<前提条件>
・人工衛星通信・次世代高速通信等の相互通信を利用する
  高速道路や主要幹線道路・交差点などに次世代高速通信の送受信機を導入、
  または既存携帯基地局やWi-Fi位置情報を利用。
もしくは国産衛星通信にGPS情報と緊急信号の座標とセキュアパスを付与して送受信させる
・人工衛星のGPS座標の精度向上
・犯罪防止抑止力強化及び遭難等事故時の緊急利用
  不正利用の処罰を重くし、セキュリティも強化させる。
・位置情報の情報収集を犯罪抑止/利用者保護(緊急時の捜索)としてユーザーに許可してもらう

<効果> 
・自治体や政府はそのデータを利用して効率的な建物・道路の配置、増設・改善
  道路下に埋設させる電線・上下水の効率的改善に利用。
・防犯の向上/犯罪の抑止
  近隣地域以外の登録車両の通行をAIで脅威性を判断し、履歴を追跡・保存する。
  車両/機器の盗難防止にスマホナビと車両ナビとで整合性をリンクさせ、相互追跡することが出来る。
  逆に登録してない車両やスマホを特定し易くなる。
・事故の検証
  速度などの計測。被害者が事故を誘発させたり、第三者による事故要因があればその特定。
・VICSとGPS機能の統合
  ビーコン等の無駄な機器やコストを廃止。
・ETCとGPS機能の統合
ナビ使用時の通行料金を登録したクレジットカードや自動車税等の税金で徴収。
  主要高速道路などの一部ETCを廃止。
・ドローン空輸時の精度の強化、接触事故防止改善
・遭難・災害・犯罪時の救助にGPSで捜索/追跡
  早期発見で助かる命もある。
・災害時・緊急時の誘導や回避に有効
  緊急車両を優先にさせ、一般車両もあまり負担にならないナビ指示の変更、
  または「まもなく緊急車両が通ります」というアナウンスを表示。
  大規模災害時に使用不可道路をナビに加味させる。
・ドローンの自動操作に利用
  空・陸・海を含めた運送・配達などに利用し運送を効率化させる。
  配送時に受け取り側の自宅ではなくGPS位置情報を使い、臨機応変な受け渡し場所。
無人化になれば犯罪抑止に繋がる。
無人機との接触事故分析等に利用する。

報告/依頼内容
ページの先頭へ