アイデアの問題報告 | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデアの問題報告

対象の内容

小さなブース内で完結する企画で、予算を使い切ることを止めて欲しい

デジタル庁は技術や製品の展示会をする組織ではないので、「デジタルの日」の企画を開催するにあたり、未来のデジタル社会に必要な実際の仕組みを実装する、あるいはその実証をすることが望ましいと思います。なので、例えば、東京ドーム内だけで完結し実現できるコアなデジタル技術(AR体験など)を展示しても意味ないと思います。
つまり、小さなブース内で完結する企画で、予算を使い切ることを止めて欲しいです。

デジタル庁がイベントをやるなら、一つの自治体単位などの広範囲で「つながる」技術を、どこかの自治体と協力して展示するべきだと思います。なので、より広範囲の規模で、多くの人と「つながる」を実現する企画をメインにすることを提案します。もちろん、その仕組みは未来のデジタル化された社会で必須になっているものでなくてはなりません。

報告/依頼内容
ページの先頭へ