アイデアの問題報告 | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデアの問題報告

対象の内容

国会と地方議会のデジタル化に会議Boxを

法律は変えれば良いと思うが、実際問題として自宅や喫茶店でZoomを繋ぐというのはセキュリティ上もどうかと思う。他の人がカメラの陰にいるとか背後を人が通るというのは、望ましくない場合もあるだろう。

そこで、会議ボックスを作り、そこと繋ぐ場合に限り許す、という形をとってはどうかと考える。これはエキナカに見られるリモートワークスペースと同じようなものだが、防音を強化し、外から覗けないように透明部分を無くして、また機器も常設として、そこからの接続しか認めないものとする。また、エキナカ等ではなく公的機関(役所、議会、議員会館等)に併設して、更にボックス外部も監視カメラで監視することにより、外からの不正アクセスもできないようにする。

こういうものを全国に設置しておけば、在宅は望めなくともサテライトワークはできる。国会議員が地元で出席することができるし、逆に地方議会議員が上京中に地元の議会に出席することもできる。会議ボックス同士で会話できるようにすれば、戦争動乱や災害等で議会会場が機能しない時にも、臨時対応ができる。

類似の提案として、VRゴーグルによる可搬型会議Boxも考えられる。ゴーグルではなくヘルメットとして、その中でしか音声映像が分からないようにすると共に、ヘルメットの外側をカメラで監視して、不審者を近づけないようにすれば良い。

報告/依頼内容
ページの先頭へ