アイデアの問題報告 | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデアの問題報告

対象の内容

政府のデジタル部門は誠実に

政府のデジタル部門は地方に対し誠実であってほしい。
マイナポイントの施策が反面教師です。事業を進めるために必要な国の補助金をある日突然倍にすると言い出しました。
それまではお金の増額はない と名言しておきながらです。

補助金の手続はとても面倒です。
なので、国が自分で定めているルールで、何割以上お金に変動がなければ修正の申請はなくていいですよ、と定めていることがあります。
マイナポイントもそう。

ただある日突然に国の都合で、決めている割合の変更がなくても、書類を出せと全国に指令が飛ぶ始末。

信義則を理解して仕事をしていただかないと、国と地方が一緒に良い未来を創るなんてできません。

こういった場があるので申せるわけで、国の人は志を持って、道義を守って、事情がある時は礼節を守って依頼をするといった人としての基本を持って仕事をして欲しいものです。

報告/依頼内容
ページの先頭へ