アイデアの問題報告 | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデアの問題報告

対象の内容

地方自治体の問題

私が所属する地方自治体の基幹システムは酷いものです。「システムで処理できないから」と、適切でない処理が行われている業務は、小さいものも含めれば全国どこの地方自治体にでもあることでしょう。

・発注側が望ましい設計を示せないので一般競争入札が行われない
・発注側にも不明瞭な仕様の既存システムが導入されるがこれが不便なものである
・それとの相性問題から既存ベンダとの随意契約が継続する(ベンダロックイン)
・発注側が望ましい設計を理解していないので成果物の評価をすることができない
・既存ベンダは評価されることがないので品質が低下する
・以上が繰り返される

もっと法を整備して、まずはあまりにも杜撰な随意契約の監査をしてほしいです。せめて検査が正しく行われるように。今じゃ告発しようにもどこにどのように連絡してよいかわかりません。(どこも人員不足でこんなことの優先度は低いでしょうが、それは別の場所で。)

このままでは地方自治体がここで磨かれている様々なアイデアを実現するための障害となります。地方自治体にある情報課の職員なんてリースされているPCのこととWindowsとWANが少し分かるだけの素人ばかりでしょう。地方自治体にも本当の意味での専門部署を設立することを義務付ける法や制度、国が基幹システムの設計をして地方自治体への導入支援ができる法などの整備も必要だと思います。

報告/依頼内容
ページの先頭へ